PostgreSQL 関数
PHP Manual

pg_escape_bytea

(PHP 4 >= 4.2.0, PHP 5)

pg_escape_bytea bytea フィールドに挿入するために文字列をエスケープする

説明

string pg_escape_bytea ([ resource $connection ], string $data )

pg_escape_bytea() は、bytea 型のために文字列を エスケープし、エスケープした文字列を返します。

注意:

bytea 型を SELECT した場合、PostgreSQL は '\' で 始まる 8 進数のバイト値(例: \032)を返します。これをユーザーが手動で コンバートすることを期待されています。

この関数は PostgreSQL 7.2 以降のバージョンを必要とします。PostgreSQL 7.2.0 および 7.2.1 では、マルチバイトのサポートを有効にした場合は bytea の値をキャストする必要があります。例: INSERT INTO test_table (image) VALUES ('$image_escaped'::bytea); PostgreSQL 7.2.2 以降ではキャストする必要はありません。 クライアントとバックエンドの文字エンコーディングが一致しない場合は 例外で、この場合はマルチバイトストリームエラーが発生します。この エラーを避けるためには bytea 型へのキャストが必要になります。

パラメータ

connection

PostgreSQL データベース接続リソース。 connection が存在しない場合は、 デフォルトの接続を使用します。デフォルトの接続は、 pg_connect() あるいは pg_pconnect() で直近に作成されたものとなります。

data

bytea 型のカラムに挿入するテキストまたはバイナリデータを含む 文字列。

返り値

エスケープされたデータを文字列で返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.2.0 connection が追加されました。

例1 pg_escape_bytea() の例

<?php 
  
// データベースに接続する
  
$dbconn pg_connect('dbname=foo');
  
  
// バイナリファイルを読み込む
  
$data file_get_contents('image1.jpg');
  
  
// バイナリデータをエスケープする
  
$escaped pg_escape_bytea($data);
  
  
// それをデータベースに挿入する
  
pg_query("INSERT INTO gallery (name, data) VALUES ('Pine trees', '{$escaped}')");
?>

参考


PostgreSQL 関数
PHP Manual

レンタルサーバー