PostgreSQL 関数
PHP Manual

pg_convert

(PHP 4 >= 4.3.0, PHP 5)

pg_convert 連想配列の値を、SQL 文として実行可能な形式に変換する

説明

array pg_convert ( resource $connection , string $table_name , array $assoc_array [, int $options = 0 ] )

pg_convert() は、assoc_array の中の値をチェックし、SQL 文の中で使用可能な形式に変換します。 少なくとも assoc_array の要素数以上のカラムを持つ テーブル table_name が存在することが前提条件と なります。assoc_array の要素名が table_name のフィールド名と一致し、また 要素に対応する値はフィールドのデータ型と互換性がなければなりません。 成功した場合に変換後の値の配列、それ以外の場合に FALSE を返します。

注意:

PHP 5.6.0 以降は、boolean 値も受け付けるようになりました。 PostgreSQL の boolean 型に変換します。 boolean 値の文字列表現にも対応しています。 NULL は、PostgreSQL の NULL に変換します。

PHP 5.6.0 より前のバージョンでは、論理型のフィールドが table_name にあった場合、 対応する assoc_array では定数 TRUE を使用 しないでください。これは文字列 'TRUE' に変換されてしまい、PostgreSQL では論理型として無効な形式になります。代わりに t、true、1、y、yes のうちのひとつを用いてください。

警告

この関数は、 実験的 なものです。この関数の動作・ 名前・その他ドキュメントに書かれている事項は、予告なく、将来的な PHP のリリースにおいて変更される可能性があります。 この関数は自己責任で使用してください。

パラメータ

connection

PostgreSQL データベースの接続リソース。

table_name

変換対象となるテーブルの名前。

assoc_array

変換されるデータ。

options

PGSQL_CONV_IGNORE_DEFAULT, PGSQL_CONV_FORCE_NULL あるいは PGSQL_CONV_IGNORE_NOT_NULL の組み合わせ。

返り値

変換された値の配列を返します。エラー時には FALSE を返します。

例1 pg_convert() の例

<?php 
  $dbconn 
pg_connect('dbname=foo');
  
  
$tmp = array(
      
'author' => 'Joe Thackery',
      
'year' => 2005,
      
'title' => 'My Life, by Joe Thackery'
  
);
  
  
$vals pg_convert($dbconn'authors'$tmp);
?>

変更履歴

バージョン 説明
5.6.0 実験的な関数ではなくなりました。Boolean/NULL をサポートするようになりました。 未知のデータ型やサポートしていないデータ型は、バリデーションなしにエスケープします。 pg_convert() は任意のデータ型で使えるようになりました。

参考


PostgreSQL 関数
PHP Manual

レンタルサーバー