ファイルシステム 関数
PHP Manual

parse_ini_string

(PHP 5 >= 5.3.0, PHP 7)

parse_ini_string設定文字列をパースする

説明

array parse_ini_string ( string $ini [, bool $process_sections = FALSE [, int $scanner_mode = INI_SCANNER_NORMAL ]] )

parse_ini_string() は、文字列 ini の設定を連想配列で返します。

文字列の構造は、php.ini の構造と同じです。

パラメータ

ini

パースしたい ini ファイルの内容。

process_sections

process_sectionsTRUE に設定すると、セクション名と設定を含む多次元配列を返します。 process_sections のデフォルトは FALSE です。

scanner_mode

INI_SCANNER_NORMAL (デフォルト) あるいは INI_SCANNER_RAWINI_SCANNER_RAW を指定すると、オプションの値はパースされません。

PHP 5.6.1 以降では INI_SCANNER_TYPED も指定できるようになりました。 このモードでは、boolean や null そして integer の型を、可能な限り維持します。 文字列 "true""on" そして "yes"TRUE に変換されます。"false""off""no" そして "none"FALSE だとみなされます。このモードでは、"null"NULL に変換されます。また数値形式の文字列も、可能な限り integer 型に変換されます。

返り値

成功した場合に設定を連想配列形式で返します。 失敗した場合に FALSE を返します。

注意

注意: ini ファイル上でキーとして使ってはいけない単語があります。 null, yes, no, true, false, on, off, none などです。 null, off, no および false"" となり、 on, yes および true"1" となります。 ただし INI_SCANNER_TYPED モードを使っている場合は別です。 次の文字 ?{}|&~![()^" は、キーで使ってはいけません。 また、値の中で特別な意味を持ちます。

参考


ファイルシステム 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー