その他の関数
PHP Manual

pack

(PHP 4, PHP 5)

packデータをバイナリ文字列にパックする

説明

string pack ( string $format [, mixed $args [, mixed $... ]] )

指定された引数を format に基づいて バイナリ文字列にパックします。

この関数のアイデアは Perl からのものであり、フォーマット指定用の コードは Perl と同様に動作します。しかし、中には存在しない書式コードもあります。 たとえば Perl の "u" は存在しません。

符号付及び符号無しの区別は関数 unpack() にのみ 影響を与えます。関数 pack() は符号付及び符号無しの フォーマットコードのどちらでも同じ結果となることに注意しましょう。

パラメータ

format

フォーマット文字列は、 フォーマットコードの後にオプションの反復指定用引数が続く形式と なっています。反復指定用引数として整数値、または入力データの最後まで 反復を意味する * のどちらかを指定することができます。 a, A, h, H の場合、 反復数はそのデータ引数が取得する文字の数を指定します。反復数が @ の場合、 次のデータを置く場所の絶対位置を表します。その他の場合、反復数は データ引数が使われる数を指定し、結果のバイナリ文字列にパックされます。

現在、実装されているものを以下に示します。

pack() の書式文字
コード 説明
a NUL で埋めた文字列
A 空白で埋めた文字列
h 十六進文字列、下位ニブルが先
H 十六進文字列、上位ニブルが先
csigned char
C unsigned char
s signed short (常に 16 ビット、マシンのバイトオーダー)
S unsigned short (常に 16 ビット、マシンのバイトオーダー)
n unsigned short (常に 16 ビット、ビッグエンディアンバイトオーダー)
v unsigned short (常に 16 ビット、リトルエンディアンバイトオーダー)
i signed integer (サイズおよびバイトオーダーはマシン依存)
I unsigned integer (サイズおよびバイトオーダーはマシン依存)
l signed long (常に 32 ビット、マシンのバイトオーダー)
L unsigned long (常に 32 ビット、マシンのバイトオーダー)
N unsigned long (常に 32 ビット、ビッグエンディアンバイトオーダー)
V unsigned long (常に 32 ビット、リトルエンディアンバイトオーダー)
q signed long long (常に 64 ビット、マシンのバイトオーダー)
Q unsigned long long (常に 64 ビット、マシンのバイトオーダー)
J unsigned long long (常に 64 ビット、ビッグエンディアンバイトオーダー)
P unsigned long long (常に 64 ビット、リトルエンディアンバイトオーダー)
f float (サイズおよび表現はマシン依存)
d double (サイズおよび表現はマシン依存)
x NUL バイト
X 1 バイト戻る
Z NUL 埋め文字列 (PHP 5.5 以降)
@ 絶対位置まで NUL で埋める

args

返り値

バイナリ文字列を含むデータを返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.6.3 "q"、"Q"、"J"、"P" が追加され、64ビットの数値が使えるようになりました。
5.5.0 "Z" が追加されました。Perl の "a" と互換性のある機能です。

例1 pack() の例

<?php
$binarydata 
pack("nvc*"0x12340x56786566);
?>

この結果のバイナリ文字列の長さは 6 バイト長で、バイト列 0x12, 0x34, 0x78, 0x56, 0x41, 0x42となります。

注意

警告

PHP は、integer 型の値を内部的に格納する際に サイズがマシン依存の符号付き値 (C の long 型) を使うことに注意しましょう。integer 型の範囲外の数値となる整数リテラルや演算結果は float として保持されます。この float 値を integer としてパックする際には まず最初に integer 型へのキャストを行います。 その結果、できあがるバイトパターンは期待通りにはならないかもしれません。

この問題にもっとも関連するのが、符号なしの数値で integer 型で表現できるものをパックする場合です。 integer 型のサイズが 32 ビットであるシステムでのキャスト結果は、 (実装で定義されている標準 C の符号なし型から符号付き型への変換に依存しますが) まるで integer が符号なし整数であるかのような同一のバイトパターンになることがよくあります。 integer 型のサイズが 64 ビットであるシステムでは、 たいていの場合は float の仮数部のサイズが足りず、 値の精度を損なわずに保持することができません。 ネイティブの 64 ビット C int 型を持つシステム (UNIX 系システムのほとんどは持っていません) では、上側の範囲の値で パック書式 I を使うための唯一の方法は、 希望する符号なし値と同じバイト表現になるような負の integer 値を作ることになります。

参考


その他の関数
PHP Manual

レンタルサーバー