OpenSSL 関数
PHP Manual

openssl_x509_parse

(PHP 4 >= 4.0.6, PHP 5)

openssl_x509_parseX509 証明書をパースし、配列として情報を返す

説明

array openssl_x509_parse ( mixed $x509cert [, bool $shortnames = true ] )

openssl_x509_parse() は、指定した x509cert に関する情報を返します。この情報には 題名、発行者名、目的、発効日および有効期限等が含まれます。

パラメータ

x509cert

shortnames

shortnames は、配列中でのデータの添字付けの 方法を設定します。shortnamesTRUE の場合 (デフォルト)、フィールドは短縮型で添字が付けられます。そうでない場合、 長い名前が使用されます。例えば、CN は commonName の短縮型です。

返り値

返されるデータの構造については(わざと)まだ文書化していません。 これは、今後もデータの構造が変更される可能性があるためです。


OpenSSL 関数
PHP Manual

レンタルサーバー