OpenSSL 関数
PHP Manual

openssl_x509_checkpurpose

(PHP 4 >= 4.0.6, PHP 5)

openssl_x509_checkpurpose証明書が特定の目的に使用可能かどうか確認する

説明

int openssl_x509_checkpurpose ( mixed $x509cert , int $purpose [, array $cainfo = array() [, string $untrustedfile ]] )

openssl_x509_checkpurpose() は証明書を調べ、 purpose で指定した目的に使用可能であるかどうかを確認します。

パラメータ

x509cert

調べたい証明書。

purpose

openssl_x509_checkpurpose() の目的
定数 説明
X509_PURPOSE_SSL_CLIENT この証明書を SSL 接続のクライアント側で使用できるか?
X509_PURPOSE_SSL_SERVER この証明書を SSL 接続のサーバー側で使用できるか?
X509_PURPOSE_NS_SSL_SERVER この証明書を Netscape SSL サーバーで使用できるか?
X509_PURPOSE_SMIME_SIGN この証明書を S/MIME email で使用できるか?
X509_PURPOSE_SMIME_ENCRYPT この証明書を S/MIME email の暗号化で使用できるか?
X509_PURPOSE_CRL_SIGN この証明書を証明書取消リスト(CRL)にサインをする際に使用できるか?
X509_PURPOSE_ANY この証明書をあらゆる用途に使用できるか?
これらのオプションはビットフィールドではありません。 指定できるのは一つだけです!

cainfo

cainfo は、証明書の認証 で説明したような信頼できる CA ファイル/ディレクトリの配列です。

untrustedfile

指定した場合は、これが証明書を含むPEMエンコードされたファイルの名前になります。 この証明書は、検証と証明を簡単化するために使用されます。 そのファイル内にある証明書は、信頼されない(untrusted)証明書とみなされます。

返り値

証明書が意図した目的に使用可能である場合に TRUE、使用できない場合に FALSE 、エラーの場合に -1 を返します。


OpenSSL 関数
PHP Manual

レンタルサーバー