OpenSSL 関数
PHP Manual

openssl_verify

(PHP 4 >= 4.0.4, PHP 5)

openssl_verify署名を検証する

説明

int openssl_verify ( string $data , string $signature , mixed $pub_key_id [, mixed $signature_alg = OPENSSL_ALGO_SHA1 ] )

openssl_verify() は、 pub_key_id が指す公開鍵を使用し、 指定した data に関して signature が正しいことを確認します。 署名が正しいと判定されるためには、 その公開鍵が署名の際に使用した秘密鍵に対応していることを必要とします。

パラメータ

data

署名を作成するときに使ったデータの文字列。

signature

生のバイナリ文字列。openssl_sign() もしくはそれと同等の手段を使って生成したもの。

pub_key_id

resource - openssl_get_publickey() が返す鍵。

string - PEM フォーマットの鍵 ("-----BEGIN PUBLIC KEY----- MIIBCgK..." など)。

signature_alg

int - いずれかの 署名アルゴリズム

string - openssl_get_md_methods() が返す文字列 ("sha1WithRSAEncryption" や "sha512" など)。

返り値

署名 (signature) が正しい場合に 1、正しくない場合に 0、 エラーの場合に -1 を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.2.0 signature_alg パラメータが追加されました。

例1 openssl_verify() の例

<?php
// $data および $signature はデータおよび署名が含まれていると仮定

// 認証局から公開鍵を取得し、使用可能にする
$pubkeyid openssl_pkey_get_public("file://src/openssl-0.9.6/demos/sign/cert.pem");

// 署名が正しいかどうかを確認
$ok openssl_verify($data$signature$pubkeyid);
if (
$ok == 1) {
    echo 
"正しいです";
} elseif (
$ok == 0) {
    echo 
"正しくありません";
} else {
    echo 
"署名を確認する際にエラーが発生しました";
}
// メモリからキーを開放
openssl_free_key($pubkeyid);
?>

例2 openssl_verify() の例

<?php
// 署名したいデータ
$data 'my data';

// 新しい秘密鍵と公開鍵を作成
$private_key_res openssl_pkey_new(array(
    
"private_key_bits" => 2048,
    
"private_key_type" => OPENSSL_KEYTYPE_RSA,
));
$details openssl_pkey_get_details($private_key_res);
$public_key_res openssl_pkey_get_public($details['key']);

// 署名を作成
openssl_sign($data$signature$private_key_res"sha1WithRSAEncryption");

// 署名を検証
$ok openssl_verify($data$signature$public_key_resOPENSSL_ALGO_SHA1);
if (
$ok == 1) {
    echo 
"valid";
} elseif (
$ok == 0) {
    echo 
"invalid";
} else {
    echo 
"error: ".openssl_error_string();
}
?>

参考


OpenSSL 関数
PHP Manual

レンタルサーバー