OpenSSL 関数
PHP Manual

openssl_open

(PHP 4 >= 4.0.4, PHP 5)

openssl_openシール(暗号化)されたデータをオープン(復号)する

説明

bool openssl_open ( string $sealed_data , string &$open_data , string $env_key , mixed $priv_key_id [, string $method ] )

openssl_open() は、キー ID priv_key_id およびエンベロープキー env_key に関連する公開鍵を使用して、 sealed_data をオープン(復号)します。 エンベロープキーは、データがシール(暗号化)された際に生成され、特定の 一つの公開鍵でのみ使用することが可能です。詳細な情報については、 openssl_seal() を参照ください。

パラメータ

sealed_data

open_data

成功した場合、オープンしたデータをここに返します。

env_key

priv_key_id

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

例1 openssl_open() の例

<?php
// $sealed および $env_key に暗号化されたデータおよびエンベロープキー
// が含まれていると仮定。共にシール元(暗号化側)から与えられる。

// ファイルから公開鍵を取得し、使用可能とする
$fp fopen("/src/openssl-0.9.6/demos/sign/key.pem""r");
$priv_key fread($fp8192);
fclose($fp);
$pkeyid openssl_get_privatekey($priv_key);

// データを復号化し、$open に保存
if (openssl_open($sealed$open$env_key$pkeyid)) {
    echo 
"here is the opened data: "$open;
} else {
    echo 
"failed to open data";
}

// 公開鍵をメモリから開放
openssl_free_key($pkeyid);
?>

参考


OpenSSL 関数
PHP Manual

レンタルサーバー