OpenSSL 関数
PHP Manual

openssl_csr_sign

(PHP 4 >= 4.2.0, PHP 5, PHP 7)

openssl_csr_sign他の CERT(あるいは自分自身)で証明書をサインする

説明

resource openssl_csr_sign ( mixed $csr , mixed $cacert , mixed $priv_key , int $days [, array $configargs [, int $serial = 0 ]] )

openssl_csr_sign() は、 指定した CSR を用いて x509 証明書リソースを作成します。

注意: この関数を正しく動作させるには、正しい形式の openssl.cnf をインストールしておく必要があります。 詳細な情報は、インストールについてのセクション を参照ください。

パラメータ

csr

openssl_csr_new() で作成した CSR。 file://path/to/csr 、あるいは openssl_csr_export() で生成した文字列で指定した場合は PEM エンコードされた CSR も使用可能です。

cacert

作成された証明書は cacert で署名されます。 cacertNULL の場合は、自己署名の証明書となります。

priv_key

priv_keycacert に対応する秘密鍵です。

days

days は、作成された証明書の有効期限を日数で指定します。

configargs

configargs で証明書の詳細設定が可能です。 configargs についての詳細な情報は openssl_csr_new() を参照ください。

serial

発行される証明書のシリアル番号を、オプションで指定します。 省略した場合のデフォルトは 0 です。

返り値

成功した場合に x509 証明書リソース、失敗した場合に FALSE を返します。

例1 openssl_csr_sign() の例 - CSR に署名する(あなた自身の CA を作成する)

<?php
// このスクリプトでは、前のページのテキストエリアから受け取った
// CSR を利用すると仮定します。
$csrdata $_POST["CSR"];

// これから、私たち自身 "certificate authority" 証明書を使用して
// 署名を行います。どんな証明書でも署名は可能ですが、署名された
// 証明書がソフトウェアやユーザーに信頼されない限り、その手続きは
// 無意味です。

// CA cert および秘密鍵が必要です。
$cacert "file://path/to/ca.crt";
$privkey = array("file://path/to/ca.key""your_ca_key_passphrase");

$usercert openssl_csr_sign($csrdata$cacert$privkey365);

// 作成された証明書を表示します。これをコピーして、
// ローカル設定(たとえば SSL サーバーへの接続設定ファイルなど)
// に貼り付けます。
openssl_x509_export($usercert$certout);
echo 
$certout;

// 発生したエラーをすべて表示します。
while (($e openssl_error_string()) !== false) {
    echo 
$e "\n";
}
?>


OpenSSL 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー