ODBC 関数
PHP Manual

odbc_binmode

(PHP 4, PHP 5, PHP 7)

odbc_binmodeバイナリカラムデータを処理する

説明

bool odbc_binmode ( resource $result_id , int $mode )

バイナリカラムデータを処理できるようにします (関係するODBC SQL型: BINARY, VARBINARY, LONGVARBINARY)。

バイナリ SQL データが文字データに変換される時、ソースデータの 各バイト (8 ビット) は、2 つのアスキー文字で表現されます。 これらの文字は、16 進表現で数値をアスキー文字で表現したものです。 例えば、2 進数 00000001"01" に変換され、 11111111"FF" に変換されます。

LONGVARBINARY 処理
binmode longreadlen 結果
ODBC_BINMODE_PASSTHRU 0 通過
ODBC_BINMODE_RETURN 0 通過
ODBC_BINMODE_CONVERT 0 通過
ODBC_BINMODE_PASSTHRU 0 通過
ODBC_BINMODE_PASSTHRU >0 通過
ODBC_BINMODE_RETURN >0 そのまま返す
ODBC_BINMODE_CONVERT >0 char として返す

odbc_fetch_into() を使用した場合、 「通過」は空文字列が対応するカラムに返されることを意味します。

パラメータ

result_id

結果 ID。

result_id0 を指定した場合、 ここで設定した値は、新規の結果に関するデフォルト値として用いられます。

注意: longreadlen のデフォルト値は 4096 で、mode のデフォルト値は ODBC_BINMODE_RETURN です。 バイナリロングカラムの処理は、odbc_longreadlen() の影響も受けます。

mode

mode には、以下の値が指定できます。

  • ODBC_BINMODE_PASSTHRU: BINARY データとして通過
  • ODBC_BINMODE_RETURN: そのまま返す
  • ODBC_BINMODE_CONVERT: char に変換し返す

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。


ODBC 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー