OCI8 関数
PHP Manual

oci_result

(PHP 5, PECL OCI8 >= 1.1.0)

oci_resultフェッチした行からフィールドの値を取得する

説明

mixed oci_result ( resource $statement , mixed $field )

oci_fetch() によってフェッチされた現在の行のフィールド fieldからデータを返します。

OCI8 拡張モジュールによるデータ型マッピングの 詳細については、ドライバが サポートするデータ型 を参照ください。

パラメータ

statement

field

カラム番号 (1から始まる) またはカラム名 (大文字) のどちらかを使用可能です。 カラム名の大文字小文字は、Oracle のメタデータで定義されているものに会わせる必要があります。 カラムの作成時に大文字小文字を明示しなかった場合、メタデータ上は大文字で記録されています。

返り値

抽象型 (ROWID, LOB, FILE) を除き、全てを文字列として返します。 エラーの場合、FALSE を返します。

例1 oci_fetch()oci_result() を組み合わせる例

<?php

$conn 
oci_connect('hr''welcome''localhost/XE');
if (!
$conn) {
    
$e oci_error();
    
trigger_error(htmlentities($e['message'], ENT_QUOTES), E_USER_ERROR);
}

$sql 'SELECT location_id, city FROM locations WHERE location_id < 1200';
$stid oci_parse($conn$sql);
oci_execute($stid);

while (
oci_fetch($stid)) {
    echo 
oci_result($stid'LOCATION_ID') . " is ";
    echo 
oci_result($stid'CITY') . "<br>\n";
}

// 表示:
//   1000 is Roma
//   1100 is Venice

oci_free_statement($stid);
oci_close($conn);

?>

注意

注意:

PHP バージョン 5.0.0 以前では、代わりに ociresult() を使用しなければなりません。 まだこの名前を使用することができ、下位互換性のため oci_result() への別名として残されていますが、 推奨されません。

参考


OCI8 関数
PHP Manual

レンタルサーバー