OCI8 関数
PHP Manual

oci_parse

(PHP 5, PECL OCI8 >= 1.1.0)

oci_parse実行のために Oracle の文をパースする

説明

resource oci_parse ( resource $connection , string $sql_text )

connection を使って sql_text をパースし、ステートメント ID を返します。この ID は、oci_bind_by_name(), oci_execute() や他の関数で使用されます。

ステートメント ID を解放するには、 oci_free_statement() を使うか、あるいは 変数に NULL を代入します。

パラメータ

connection

oci_connect()oci_pconnect() あるいは oci_new_connect() が返す Oracle 接続 ID。

sql_text

SQL あるいは PL/SQL ステートメント。

SQL の最後にセミコロン (";") をつけては いけません。一方、PL/SQL ステートメントの最後はセミコロン (";") を つけなければなりません

返り値

成功した場合にステートメントハンドル、あるいはエラー時に FALSE を返します。

例1 oci_parse() での SQL 文の例

<?php

$conn 
oci_connect('hr''welcome''localhost/XE');

// パースします。SQL 文の最後にはセミコロンがないことに注意しましょう
$stid oci_parse($conn'SELECT * FROM employees');
oci_execute($stid);

echo 
"<table border='1'>\n";
while (
$row oci_fetch_array($stidOCI_ASSOC+OCI_RETURN_NULLS)) {
    echo 
"<tr>\n";
    foreach (
$row as $item) {
        echo 
"    <td>" . ($item !== null htmlentities($itemENT_QUOTES) : "&nbsp;") . "</td>\n";
    }
    echo 
"</tr>\n";
}
echo 
"</table>\n";

?>

例2 oci_parse() での PL/SQL の例

<?php

/*
  この PHP プログラムを実行する前に、SQL*Plus や SQL Developer で
  ストアドプロシージャを作っておきます

  CREATE OR REPLACE PROCEDURE myproc(p1 IN NUMBER, p2 OUT NUMBER) AS
  BEGIN
      p2 := p1 * 2;
  END;

*/

$conn oci_connect('hr''welcome''localhost/XE');
if (!
$conn) {
    
$e oci_error();
    
trigger_error(htmlentities($e['message'], ENT_QUOTES), E_USER_ERROR);
}

$p1 8;

// PL/SQL プログラムをパースするには、文字列の最後にセミコロンが必要です
$stid oci_parse($conn'begin myproc(:p1, :p2); end;');
oci_bind_by_name($stid':p1'$p1);
oci_bind_by_name($stid':p2'$p240);

oci_execute($stid);

print 
"$p2\n";   // 16 と表示します

oci_free_statement($stid);
oci_close($conn);

?>

注意

注意:

この関数は sql_text を検証 しませんsql_text が有効な SQL あるいは PL/SQL 文かどうかを検証する唯一の方法 - それは実行することです。

参考


OCI8 関数
PHP Manual

レンタルサーバー