OCI8 関数
PHP Manual

oci_fetch_assoc

(PHP 5, PECL OCI8 >= 1.1.0)

oci_fetch_assocクエリの次の行を連想配列で返す

説明

array oci_fetch_assoc ( resource $statement )

クエリの次の結果セット行を含む連想配列を返します。 配列の各エントリが、カラムに対応します。 この関数の典型的な使い方は、ループの中でコールすることです。 FALSE が返された場合は、もう行がないことをあらわします。

oci_fetch_assoc() をコールするのは、 oci_fetch_array()OCI_ASSOC + OCI_RETURN_NULLS を指定してコールするのと同じです。

パラメータ

statement

oci_parse() で作成して oci_execute() で実行した有効な OCI8 ステートメント ID、 あるいは REF CURSOR ステートメント ID。

返り値

連想配列を返します。 statement にもう行がない場合は FALSE を返します。

例1 oci_fetch_assoc() の例

<?php

$conn 
oci_connect('hr''welcome''localhost/XE');
if (!
$conn) {
    
$e oci_error();
    
trigger_error(htmlentities($e['message'], ENT_QUOTES), E_USER_ERROR);
}

$stid oci_parse($conn'SELECT department_id, department_name FROM departments');
oci_execute($stid);

while ((
$row oci_fetch_assoc($stid)) != false) {
    echo 
$row['DEPARTMENT_ID'] . " " $row['DEPARTMENT_NAME'] . "<br>\n";
}

oci_free_statement($stid);
oci_close($conn);

?>

注意

注意:

行の取得例は oci_fetch_array() も参照ください。

参考


OCI8 関数
PHP Manual

レンタルサーバー