MySQL 関数
PHP Manual

mysql_unbuffered_query

(PHP 4 >= 4.0.6, PHP 5)

mysql_unbuffered_queryMySQL に SQL クエリを送信するが、結果に対してのフェッチやバッファリングは行わない

警告

この拡張モジュールは PHP 5.5.0 で非推奨になりました。将来のバージョンで削除される予定です。 MySQLi あるいは PDO_MySQL を使うべきです。詳細な情報は MySQL: API の選択それに関連する FAQ を参照ください。 この関数の代替として、これらが使えます。

説明

resource mysql_unbuffered_query ( string $query [, resource $link_identifier = NULL ] )

mysql_unbuffered_query() は SQL クエリ query を MySQL に送信します。その際、 mysql_query() が行っているような自動バッファリングを 行いません。一方、この挙動により SQL クエリが消費するメモリの量を おさえられます。また、最初の 1 行目が取得されたらすぐに処理を はじめることができます。SQL の処理が完全に終わるまで待つ必要がありません。 複数の DB 接続を利用する場合には、オプションのパラメータ link_identifier を指定する必要があります。

パラメータ

query

実行する SQL クエリ。

クエリ内のデータは 適切にエスケープ する必要があります。

link_identifier

MySQL 接続。 指定されない場合、mysql_connect() により直近にオープンされたリンクが 指定されたと仮定されます。そのようなリンクがない場合、引数を指定せずに mysql_connect() がコールした時と同様にリンクを確立します。 リンクが見付からない、または、確立できない場合、 E_WARNING レベルのエラーが生成されます。

返り値

SELECT, SHOW, DESCRIBE あるいは EXPLAIN では、 mysql_unbuffered_query() は 成功した場合に resource 、エラー時に FALSE を返します。

UPDATE, DELETE, DROP, などその他の SQL 文では、 mysql_unbuffered_query() は 成功した場合に TRUE 、エラー時に FALSE を返します。

注意

注意:

mysql_unbuffered_query() の利点には、以下のような 代償があります: mysql_unbuffered_query() から返される結果セットには、 すべての行をフェッチするまでは mysql_num_rows()mysql_data_seek() を使用できません。また、結果の行をすべてフェッチするまで、 同じ link_identifier を使って MySQL に新しいクエリを送信することができません。

参考


MySQL 関数
PHP Manual

レンタルサーバー