MySQL 関数
PHP Manual

mysql_result

(PHP 4, PHP 5)

mysql_result結果データを得る

警告

この拡張モジュールは PHP 5.5.0 で非推奨になりました。将来のバージョンで削除される予定です。 MySQLi あるいは PDO_MySQL を使うべきです。詳細な情報は MySQL: API の選択それに関連する FAQ を参照ください。 この関数の代替として、これらが使えます。

説明

string mysql_result ( resource $result , int $row [, mixed $field = 0 ] )

MySQL の結果セットからひとつのセルの内容を取得します。

大量の結果セットで作業を行う際は、行全体を取り込む関数のうちひとつを 使用することを検討するべきです(以下で説明します)。 これらの関数は一回の関数コールで複数のセルの内容を返すので、 mysql_result() よりもかなり高速です。 また、フィールド引数としてオフセット数値を指定する方が フィールド名やテーブル名.フィールド名のように指定するよりも かなり高速です。

パラメータ

result

評価された結果 リソース。 この結果は、mysql_query() のコールにより得られたものです。

row

結果から取得する行の番号。行番号は 0 からはじまります。

field

取得したいフィールド名またはフィールドのオフセット。

フィールドのオフセット、フィールド名またはテーブル名.フィールド名を 指定可能です。カラム名のエイリアスが定義されている ('select foo as bar from...')場合、そのカラム名の代わりに エイリアスを使用してください。指定しなかった場合は最初のフィールドを 取得します。

返り値

成功した場合に MySQL 結果セットのひとつのセルの内容、 失敗した場合に FALSE を返します。

例1 mysql_result() の例

<?php
$link 
mysql_connect('localhost''mysql_user''mysql_password');
if (!
$link) {
    die(
'Could not connect: ' mysql_error());
}
if (!
mysql_select_db('database_name')) {
    die(
'Could not select database: ' mysql_error());
}
$result mysql_query('SELECT name FROM work.employee');
if (!
$result) {
    die(
'Could not query:' mysql_error());
}
echo 
mysql_result($result2); // 3 番目の employee の name を出力する

mysql_close($link);
?>

注意

注意:

mysql_result() は、 結果セットを処理するほかの関数と混用することはできません。

参考


MySQL 関数
PHP Manual

レンタルサーバー