MySQL 関数
PHP Manual

mysql_query

(PHP 4, PHP 5)

mysql_queryMySQL クエリを送信する

警告

この拡張モジュールは PHP 5.5.0 で非推奨になりました。将来のバージョンで削除される予定です。 MySQLi あるいは PDO_MySQL を使うべきです。詳細な情報は MySQL: API の選択それに関連する FAQ を参照ください。 この関数の代替として、これらが使えます。

説明

mixed mysql_query ( string $query [, resource $link_identifier = NULL ] )

mysql_query() は、 ひとつのクエリを送信します (複数クエリの送信はサポートしません)。 送信先は、link_identifier で指定したサーバー上にある、現在アクティブなデータベースです。

パラメータ

query

SQL クエリ。

クエリ文字列は、セミコロンで終えてはいけません。 クエリ内のデータは 適切にエスケープ する必要があります。

link_identifier

MySQL 接続。 指定されない場合、mysql_connect() により直近にオープンされたリンクが 指定されたと仮定されます。そのようなリンクがない場合、引数を指定せずに mysql_connect() がコールした時と同様にリンクを確立します。 リンクが見付からない、または、確立できない場合、 E_WARNING レベルのエラーが生成されます。

返り値

SELECT, SHOW, DESCRIBE や EXPLAIN 文、その他結果セットを返す文では、 mysql_query() は成功した場合に resource を返します。エラー時には FALSE を返します。

それ以外の SQL 文 INSERT, UPDATE, DELETE, DROP などでは、 mysql_query() は成功した場合に TRUE 、エラー時に FALSE を返します。

返された結果にアクセスするためには、結果リソースを mysql_fetch_array() やその他の関数に渡します。

SELECT 文によって返された行の数を知るには mysql_num_rows() を用います。また DELETE, INSERT, REPLACE, または UPDATE 文で変更された行の数を 知るには mysql_affected_rows() を用います。

クエリが参照するテーブルにアクセスする権限がない場合も mysql_query()は失敗し、FALSE が返されます。

例1 間違ったクエリ

次のクエリは文法的に間違っているので、 mysql_query()は失敗し FALSEを返します。

<?php
$result 
mysql_query('SELECT * WHERE 1=1');
if (!
$result) {
    die(
'Invalid query: ' mysql_error());
}

?>

例2 正しいクエリ

次のクエリは正しいので、mysql_query()resource を返します。

<?php
// これはユーザーが指定する。たとえば
$firstname 'fred';
$lastname  'fox';

// クエリの作成
// これは SQL クエリを実行する最良の方法です。
// さらなる例は、mysql_real_escape_string() を参照ください。
$query sprintf("SELECT firstname, lastname, address, age FROM friends 
    WHERE firstname='%s' AND lastname='%s'"
,
    
mysql_real_escape_string($firstname),
    
mysql_real_escape_string($lastname));

// クエリの実行
$result mysql_query($query);

// 結果のチェック
// MySQL に送られたクエリと返ってきたエラーをそのまま表示します。デバッグに便利です。
if (!$result) {
    
$message  'Invalid query: ' mysql_error() . "\n";
    
$message .= 'Whole query: ' $query;
    die(
$message);
}

// 結果の利用
// $result をそのまま出力してもリソースの内部の情報にはアクセスできません。
// 結果にたいして MySQL の関数を適用する必要があります。
// mysql_result(), mysql_fetch_array(), mysql_fetch_row() なども参照ください。
while ($row mysql_fetch_assoc($result)) {
    echo 
$row['firstname'];
    echo 
$row['lastname'];
    echo 
$row['address'];
    echo 
$row['age'];
}

// 結果セットに関連付けられているリソースの開放
// これは、スクリプトが終了する際に自動的に実行されます。
mysql_free_result($result);
?>

参考


MySQL 関数
PHP Manual

レンタルサーバー