MySQL 関数
PHP Manual

mysql_free_result

(PHP 4, PHP 5)

mysql_free_result結果保持用メモリを開放する

警告

この拡張モジュールは PHP 5.5.0 で非推奨になりました。将来のバージョンで削除される予定です。 MySQLi あるいは PDO_MySQL を使うべきです。詳細な情報は MySQL: API の選択それに関連する FAQ を参照ください。 この関数の代替として、これらが使えます。

説明

bool mysql_free_result ( resource $result )

mysql_free_result() は、結果 ID result に関するすべてのメモリを開放します。

mysql_free_result() は、 スクリプト実行のメモリの使用量が多すぎると懸念される場合にのみ 必要になります。指定した結果 ID に関する全ての結果保持用メモリは、 スクリプトの実行後に自動的に開放されます。

パラメータ

result

評価された結果 リソース。 この結果は、mysql_query() のコールにより得られたものです。

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

result がリソースではなかった場合、 E_WARNING レベルのエラーが発生します。 mysql_query()resource を返すのは SELECT, SHOW, EXPLAIN, そして DESCRIBE の場合だけであることに注意しましょう。

例1 mysql_free_result() の例

<?php
$result 
mysql_query("SELECT id,email FROM people WHERE id = '42'");
if (!
$result) {
    echo 
'Could not run query: ' mysql_error();
    exit;
}
/* 結果を利用する。ここでは、その後結果を利用したものと仮定する */
$row mysql_fetch_assoc($result);

/* 結果を開放し、さらにスクリプトの処理を進める */
mysql_free_result($result);

echo 
$row['id'];
echo 
$row['email'];
?>

注意

注意:

下位互換のために、次の非推奨別名を使用してもいいでしょう。 mysql_freeresult()

参考


MySQL 関数
PHP Manual

レンタルサーバー