MySQL 関数
PHP Manual

mysql_fetch_field

(PHP 4, PHP 5)

mysql_fetch_field結果からカラム情報を取得し、オブジェクトとして返す

警告

この拡張モジュールは PHP 5.5.0 で非推奨になり、PHP 7.0.0 で削除されました。 MySQLi あるいは PDO_MySQL を使うべきです。詳細な情報は MySQL: API の選択それに関連する FAQ を参照ください。 この関数の代替として、これらが使えます。

説明

object mysql_fetch_field ( resource $result [, int $field_offset = 0 ] )

フィールド情報を含むオブジェクトを返します。特定のクエリー結果の中の フィールドに関する情報を得るために使用可能です。

パラメータ

result

評価された結果 リソース。 この結果は、mysql_query() のコールにより得られたものです。

field_offset

数字で表したフィールドの位置です。もし指定されなければ、 まだこの関数で情報を取得していないフィールドのうち最初のものが 選択されます。field_offset は、 0 からはじまります。

返り値

フィールド情報を含むobjectを返します。オブジェクトの プロパティは次のとおりです。

例1 mysql_fetch_field() の例

<?php
$conn 
mysql_connect('localhost''mysql_user''mysql_password');
if (!
$conn) {
    die(
'Could not connect: ' mysql_error());
}
mysql_select_db('database');
$result mysql_query('select * from table');
if (!
$result) {
    die(
'Query failed: ' mysql_error());
}
/* カラムのメタデータを取得する */
$i 0;
while (
$i mysql_num_fields($result)) {
    echo 
"Information for column $i:<br />\n";
    
$meta mysql_fetch_field($result$i);
    if (!
$meta) {
        echo 
"No information available<br />\n";
    }
    echo 
"<pre>
blob:         
$meta->blob
max_length:   
$meta->max_length
multiple_key: 
$meta->multiple_key
name:         
$meta->name
not_null:     
$meta->not_null
numeric:      
$meta->numeric
primary_key:  
$meta->primary_key
table:        
$meta->table
type:         
$meta->type
unique_key:   
$meta->unique_key
unsigned:     
$meta->unsigned
zerofill:     
$meta->zerofill
</pre>"
;
    
$i++;
}
mysql_free_result($result);
?>

注意

注意: この関数により返されるフィー ルド名は 大文字小文字を区別 します。

注意:

SQL クエリでフィールド名やテーブル名のエイリアスを設定している場合は、 エイリアスを返します。本来の名前を取得するには、 mysqli_result::fetch_field() を使いましょう。

参考


MySQL 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー