MySQL 関数
PHP Manual

mysql_fetch_assoc

(PHP 4 >= 4.0.3, PHP 5)

mysql_fetch_assoc連想配列として結果の行を取得する

警告

この拡張モジュールは PHP 5.5.0 で非推奨になり、PHP 7.0.0 で削除されました。 MySQLi あるいは PDO_MySQL を使うべきです。詳細な情報は MySQL: API の選択それに関連する FAQ を参照ください。 この関数の代替として、これらが使えます。

説明

array mysql_fetch_assoc ( resource $result )

取得した行に対応する連想配列を返し、内部のデータポインタを前に進めます。 mysql_fetch_assoc() は、 mysql_fetch_array() の 2 番目のパラメータを MYSQL_ASSOC に指定してコールするのと同じ働きをします。つまり、 連想配列のみを返します。

パラメータ

result

評価された結果 リソース。 この結果は、mysql_query() のコールにより得られたものです。

返り値

取得した行に対応する文字列の連想配列を返します。行がもうない場合には FALSE を返します。

結果の複数のカラムが同じフィールド名を有している場合、最後のカラ ムが優先されます。同じ名前を有する他のカラムにアクセスするには、 mysql_fetch_row()を使用して数値添字を返すか、 エイリアス名を追加する必要があります。エイリアスの説明については、 mysql_fetch_array()の例を参照ください。

例1 mysql_fetch_assoc() のいろいろな例

<?php

$conn 
mysql_connect("localhost""mysql_user""mysql_password");

if (!
$conn) {
    echo 
"Unable to connect to DB: " mysql_error();
    exit;
}

if (!
mysql_select_db("mydbname")) {
    echo 
"Unable to select mydbname: " mysql_error();
    exit;
}

$sql "SELECT id as userid, fullname, userstatus
        FROM   sometable
        WHERE  userstatus = 1"
;

$result mysql_query($sql);

if (!
$result) {
    echo 
"Could not successfully run query ($sql) from DB: " mysql_error();
    exit;
}

if (
mysql_num_rows($result) == 0) {
    echo 
"No rows found, nothing to print so am exiting";
    exit;
}

// データ行が存在する間、それを $row に連想配列形式でセットする
// 注: 結果が 1 行であることがわかっているのなら、ループを利用しなくてもよい
// 注: ループ内で extract($row); を実行すれば、
//     $userid, $fullname, そして $userstatus を利用できる
while ($row mysql_fetch_assoc($result)) {
    echo 
$row["userid"];
    echo 
$row["fullname"];
    echo 
$row["userstatus"];
}

mysql_free_result($result);

?>

注意

注意: パフォーマンス

特筆すべき点として、mysql_fetch_assoc() が 著しい付加価値があるにもかかわらず、 mysql_fetch_row()より それほど遅くはないということが言えます。

注意: この関数により返されるフィー ルド名は 大文字小文字を区別 します。

注意: この関数は、 NULL フィールドに PHPの NULL 値を設定します。

参考


MySQL 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー