MySQL 関数
PHP Manual

mysql_fetch_array

(PHP 4, PHP 5)

mysql_fetch_array連想配列、添字配列、またはその両方として結果の行を取得する

警告

この拡張モジュールは PHP 5.5.0 で非推奨になり、PHP 7.0.0 で削除されました。 MySQLi あるいは PDO_MySQL を使うべきです。詳細な情報は MySQL: API の選択それに関連する FAQ を参照ください。 この関数の代替として、これらが使えます。

説明

array mysql_fetch_array ( resource $result [, int $result_type = MYSQL_BOTH ] )

取得した行に対応する配列を返し、内部のデータポインタを前に進めます。

パラメータ

result

評価された結果 リソース。 この結果は、mysql_query() のコールにより得られたものです。

result_type

取得する配列の形式です。以下の定数値をとります。: MYSQL_ASSOC, MYSQL_NUM, そして MYSQL_BOTH

返り値

取得した行をあらわす文字列の配列を返します。もし行が存在しない場合は FALSE を返します。返される配列の形式は、result_type がどのように指定されているかによります。MYSQL_BOTH(デフォルト) を利用すると、連想添字と数値添字を共に持つ配列を取得します。 MYSQL_ASSOC を利用すると( mysql_fetch_assoc() の動作と同様に)連想添字のみが取得され、 MYSQL_NUM を利用すると (mysql_fetch_row() の動作と同様に)数値添字のみが 取得されます。

結果の中で同じフィールド名のカラムが 2 つ以上ある場合、 最後のカラムが優先されます。 同名の他のカラムにアクセスするには、そのカラムの数値インデックスを 使うかまたはカラムの別名を定義する必要があります。 カラムの別名を定義した場合は、本来の列名でそのカラムにアクセスすることは できません。

例1 重複した列名に対して別名を定義する問い合わせ

SELECT table1.field AS foo, table2.field AS bar FROM table1, table2

例2 mysql_fetch_array()MYSQL_NUM とともに利用する

<?php
mysql_connect
("localhost""mysql_user""mysql_password") or
    die(
"Could not connect: " mysql_error());
mysql_select_db("mydb");

$result mysql_query("SELECT id, name FROM mytable");

while (
$row mysql_fetch_array($resultMYSQL_NUM)) {
    
printf("ID: %s  Name: %s"$row[0], $row[1]);
}

mysql_free_result($result);
?>

例3 mysql_fetch_array()MYSQL_ASSOC とともに利用する

<?php
mysql_connect
("localhost""mysql_user""mysql_password") or
    die(
"Could not connect: " mysql_error());
mysql_select_db("mydb");

$result mysql_query("SELECT id, name FROM mytable");

while (
$row mysql_fetch_array($resultMYSQL_ASSOC)) {
    
printf("ID: %s  Name: %s"$row["id"], $row["name"]);
}

mysql_free_result($result);
?>

例4 mysql_fetch_array()MYSQL_BOTH とともに利用する

<?php
mysql_connect
("localhost""mysql_user""mysql_password") or
    die(
"Could not connect: " mysql_error());
mysql_select_db("mydb");

$result mysql_query("SELECT id, name FROM mytable");

while (
$row mysql_fetch_array($resultMYSQL_BOTH)) {
    
printf ("ID: %s  Name: %s"$row[0], $row["name"]);
}

mysql_free_result($result);
?>

注意

注意: パフォーマンス

特筆すべき点として、mysql_fetch_array() が 著しい付加価値があるにもかかわらず、 mysql_fetch_row()より それほど遅くはないということが言えます。

注意: この関数により返されるフィー ルド名は 大文字小文字を区別 します。

注意: この関数は、 NULL フィールドに PHPの NULL 値を設定します。

参考


MySQL 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー