MySQL 関数
PHP Manual

mysql_connect

(PHP 4, PHP 5)

mysql_connectMySQL サーバーへの接続をオープンする

警告

この拡張モジュールは PHP 5.5.0 で非推奨になりました。将来のバージョンで削除される予定です。 MySQLi あるいは PDO_MySQL を使うべきです。詳細な情報は MySQL: API の選択それに関連する FAQ を参照ください。 この関数の代替として、これらが使えます。

説明

resource mysql_connect ([ string $server = ini_get("mysql.default_host") [, string $username = ini_get("mysql.default_user") [, string $password = ini_get("mysql.default_password") [, bool $new_link = false [, int $client_flags = 0 ]]]]] )

MySQL サーバーへの接続をオープンあるいは再利用します。

パラメータ

server

MySQL サーバー。"hostname:port" のようにポート番号を 指定することが可能で、localhost では ":/path/to/socket" のようにソケットへのパスを指定することも可能です。

PHP ディレクティブ mysql.default_host が指定されない場合(デフォルト)、 'localhost:3306' が使用されます。 SQL セーフモード の場合はこのパラメータは無視され、常に 'localhost:3306' が用いられます。

username

ユーザー名。デフォルト値は mysql.default_user で定義されている値です。SQL セーフモード の場合はこのパラメータは無視され、 サーバープロセスの所有ユーザー名が用いられます。

password

パスワード。デフォルト値は mysql.default_password で定義されている値です。SQL セーフモード の場合はこのパラメータは無視され、 空のパスワードが用いられます。

new_link

同じ引数で 2 回 mysql_connect() をコールした場合、 2 回目は新規のリンクが確立されるのではなく、代わりにすでにオープンされた リンクのリンク ID が返されます。 パラメータ new_link はこの動作を変更し、既に mysql_connect() が同じパラメータでコールされて いる場合でも常に新規のリンクがオープンされるようにします。 SQL セーフモード の場合はこのパラメータは無視されます。

client_flags

パラメータ client_flags は、 以下の定数の組み合わせです: 128 (LOAD DATA LOCAL の処理を有効にする)、 MYSQL_CLIENT_SSLMYSQL_CLIENT_COMPRESSMYSQL_CLIENT_IGNORE_SPACE または MYSQL_CLIENT_INTERACTIVE。 詳細な情報については MySQL クライアント定数 を参照ください。 SQL セーフモード の場合はこのパラメータは無視されます。

返り値

成功した場合に MySQL リンク ID を、失敗した場合に FALSE を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.5.0 この関数は E_DEPRECATED エラーを発するようになりました。

例1 mysql_connect() の例

<?php
$link 
mysql_connect('localhost''mysql_user''mysql_password');
if (!
$link) {
    die(
'接続できませんでした: ' mysql_error());
}
echo 
'接続に成功しました';
mysql_close($link);
?>

例2 mysql_connect()hostname:port 構文を使用する例

<?php
// example.com のポート 3307 に接続します
$link mysql_connect('example.com:3307''mysql_user''mysql_password');
if (!
$link) {
    die(
'接続できませんでした: ' mysql_error());
}
echo 
'接続に成功しました';
mysql_close($link);

// localhost のポート 3307 に接続します
$link mysql_connect('127.0.0.1:3307''mysql_user''mysql_password');
if (!
$link) {
    die(
'接続できませんでした: ' mysql_error());
}
echo 
'接続に成功しました';
mysql_close($link);
?>

例3 mysql_connect() で ":/path/to/socket" 構文を使用する例

<?php
// localhost のソケット(例: /tmp/mysql.sock)に接続します

// 方法 1: localhost を省略する
$link mysql_connect(':/tmp/mysql''mysql_user''mysql_password');
if (!
$link) {
    die(
'接続できませんでした: ' mysql_error());
}
echo 
'接続に成功しました';
mysql_close($link);


// 方法 2: localhost を指定する
$link mysql_connect('localhost:/tmp/mysql.sock''mysql_user''mysql_password');
if (!
$link) {
    die(
'接続できませんでした: ' mysql_error());
}
echo 
'接続に成功しました';
mysql_close($link);
?>

注意

注意:

サーバー名に "localhost" や "localhost:port" を指定した場合、MySQL クライアントライブラリはそれをオーバーライドし、 ローカルソケット(Windows では名前つきパイプ)に接続しようとします。 TCP/IP を用いたい場合は、"localhost" のかわりに "127.0.0.1" を用いてください。もし MySQL クライアントライブラリが 間違ったローカルソケットへ接続しようとしている場合、これを修正するには PHP 設定の に正しいパスを 指定したうえでサーバー名を空白にしておくべきです。

注意:

サーバーへのリンクは、mysql_close() のコールにより 明示的に閉じられない限り、スクリプトの実行終了と同時に閉じられます。

注意:

関数名の前に @ を付けることで 接続に失敗した場合のエラーメッセージを出力しないようにできます。

注意:

エラー "Can't create TCP/IP socket (10106)" が発生するのは、たいていは variables_order 設定ディレクティブに E が含まれていない場合です。 Windows では、これが含まれていなければ SYSTEMROOT 環境変数が使用できず、PHP が Winsock の読み込みに失敗します。

参考


MySQL 関数
PHP Manual

レンタルサーバー