Mssql 関数
PHP Manual

mssql_free_result

(PHP 4, PHP 5, PECL odbtp >= 1.1.1)

mssql_free_result結果保持用メモリを解放する

説明

bool mssql_free_result ( resource $result )

スクリプト実行時のメモリ使用量が過大であると懸念される場合のみ mssql_free_result() はコールするべきです。 全ての結果保持用メモリはスクリプト実行終了時に自動的に解放されます。 引数に結果 ID を指定して mssql_free_result() を コールすることが可能です。 この場合、関連する結果保持用メモリが解放されます。

パラメータ

result

処理対象となる結果リソース。これは mssql_query() のコールによって取得します。

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

例1 mssql_free_result() の例

<?php
// テーブルからデータを取得します
$query mssql_query('SELECT * FROM [php].[dbo].[persons]'$link);

// 結果をここで操作します

// 処理を終えたら、このように
// mssql_free_result をコールして結果を開放します
mssql_free_result($query);
?>

参考


Mssql 関数
PHP Manual

レンタルサーバー