Mssql 関数
PHP Manual

mssql_fetch_array

(PHP 4, PHP 5, PECL odbtp >= 1.1.1)

mssql_fetch_array連想配列・数値添字配列・あるいはその両方で結果の行を取得する

説明

array mssql_fetch_array ( resource $result [, int $result_type = MSSQL_BOTH ] )

mssql_fetch_array() は、 mssql_fetch_row() の拡張版です。 この関数は、結果の配列に数値インデックスにデータを保持するのに加えて、 フィールド名をキーとしてデータを連想配列にも保存します。

機能がかなり増えているにもかかわらず、mssql_fetch_array()mssql_fetch_row() よりもそれほど遅くはないということを強調しておきます。

パラメータ

result

処理対象となる結果リソース。これは mssql_query() のコールによって取得します。

result_type

取得する配列の形式。定数で、以下のいずれかの値となります。 MSSQL_ASSOCMSSQL_NUM あるいは MSSQL_BOTH

返り値

取得された行に対応する配列、行がもうない場合に FALSE を返します。

例1 mssql_fetch_array() の例

<?php
// select クエリを MSSQL に送信します
$query mssql_query('SELECT [username], [name] FROM [php].[dbo].[userlist]');

// レコードがあるかどうかを調べます
if (!mssql_num_rows($query)) {
    echo 
'No records found';
} else {
    
// 次のコードは、これと同じ意味です
    //
    // while ($row = mssql_fetch_row($query)) {

    
while ($row mssql_fetch_array($queryMSSQL_NUM)) {
        
// ...
    
}
}

// 結果を開放します
mssql_free_result($query);
?>

注意

注意: この関数により返されるフィー ルド名は 大文字小文字を区別 します。

注意: この関数は、 NULL フィールドに PHPの NULL 値を設定します。

参考


Mssql 関数
PHP Manual

レンタルサーバー