日付・時刻 関数
PHP Manual

mktime

(PHP 4, PHP 5)

mktime日付を Unix のタイムスタンプとして取得する

説明

int mktime ([ int $hour = date("H") [, int $minute = date("i") [, int $second = date("s") [, int $month = date("n") [, int $day = date("j") [, int $year = date("Y") [, int $is_dst = -1 ]]]]]]] )

与えられた引数に従って UNIX のタイムスタンプを返します。 このタイムスタンプは、Unix epoch(1970年1月1日00:00:00 GMT)から 指定された時刻までの通算秒を表す長整数です。

引数は右から順に省略することができます。省略された引数は、 ローカルの日付と時刻に従って、現在の値にセットされます。

注意

注意:

PHP 5.1 以降、引数なしでコールすると mktime()E_STRICT notice を発行するようになりました。かわりに time() 関数を使用しましょう。

パラメータ

hour

monthdayyear で決まる日付の 0 時から数えた「時」。負の値は、その日の 0 時から前にさかのぼった時間を表します。 23 より大きい値は、その翌日以降の該当する時間を表します。

minute

hour 時 0 分から数えた「分」。 負の値は、その前の時刻を表します。 59 より大きい値は、その次の時間以降の該当する時間を表します。

second

minute 分 0 秒から数えた「秒」。 負の値は、その前の時刻を表します。 59 より大きい値は、その次の分以降の該当する時間を表します。

month

前年末から数えた月数。1 から 12 までの場合は、カレンダーどおりのその年の「月」を表します。 (負の値を含めた) 1 より小さい値は、前年の月を逆順でたどります。 つまり 0 なら 12 月、-1 なら 11 月になるということです。 12 より大きい値は、その翌年以降の該当する月を表します。

day

前月末から数えた日数。1 から 28、29、30、31 (月によって異なる) までの場合は、その月の「日」を表します。 (負の値を含めた) 1 より小さい値は、前月の日を逆順でたどります。 つまり 0 なら前月の末日、-1 ならそのさらに前日になるということです。 その月の日数より大きい値は、翌月以降の該当する日を表します。

year

年。2 桁または 4 桁の値を指定可能で、 0-69 の間の値は 2000-2069 に、70-100 は 1970-2000 にマップされます。 今日最も一般的なシステム、すなわち time_t が 32 ビットの符号付き整数である システムでは year として有効な範囲は 1901 から 2038 の間です。しかし、PHP 5.1.0 より前のバージョンではこの範囲が 1970 から 2038 に制限されているシステム (たとえば Windows) もありました。

is_dst

このパラメータはサマータイム (DST) の時に1にセットされ、 そうでない時に0、サマータイムであるかどうかが不明である場合に-1 にセットされます。 不明な場合、PHP はサマータイムかどうか推測しようとします。 PHP を実行しているシステムで DST が有効になっている、もしくは is_dst が 1 にセットされている場合、 一部の時刻は有効になりません。 もし DST が有効で例えば 2:00 の場合、2:00 から 3:00 までの全ての時刻は 無効になり、mktime() は不確定な値 (通常は負数) を返します。いくつかのシステム (例えば Solaris 8) は真夜中に DST を有効にしますので、DST が有効なときの 0:30 は前日の 23:30 と評価されます。

注意:

PHP 5.1.0 以降、このパラメータは廃止されました。その結果、 新しいタイムゾーン処理機能がかわりに使用されます。

返り値

mktime() は与えられた引数の Unix タイムスタンプを返します。引数が不正な場合、 この関数は FALSE を返します(PHP 5.1 より前のバージョンでは -1 を返していました)。

エラー / 例外

すべての日付/時刻関数は、 有効なタイムゾーンが設定されていない場合に E_NOTICE を発生させます。また、システム設定のタイムゾーンあるいは環境変数 TZ を使用した場合には E_STRICT あるいは E_WARNING を発生させます。 date_default_timezone_set() も参照ください。

変更履歴

バージョン 説明
5.3.0 mktime() は、 is_dst パラメータを使用した場合に E_DEPRECATED をスローするようになりました。
5.1.0 is_dst パラメータは廃止されました。 エラー時には -1 ではなく FALSE を返すようになりました。 年月日がすべてゼロとすることが可能になりました。
5.1.0 引数なしでコールすると、mktime()E_STRICT notice を発行するようになりました。かわりに time() 関数を使用しましょう。
5.1.0

タイムゾーンがおかしい場合に E_STRICTE_NOTICE が発生するようになりました。

例1 mktime() の基本的な例

<?php
// デフォルトのタイムゾーンを設定します。PHP 5.1 以降で使用可能です
date_default_timezone_set('UTC');

// 出力: July 1, 2000 is on a Saturday
echo "July 1, 2000 is on a " date("l"mktime(000712000));

// 出力例: 2006-04-05T01:02:03+00:00
echo date('c'mktime(123452006));
?>

例2 mktime() の例

mktime() は入力日付の有効性を確認しており、 範囲外の入力を自動的に修正して計算してくれるので便利です。 例えば、以下の各行はいずれも文字列 "Jan-01-1998"を出力します。

<?php
echo date("M-d-Y"mktime(00012321997));
echo 
date("M-d-Y"mktime(0001311997));
echo 
date("M-d-Y"mktime(000111998));
echo 
date("M-d-Y"mktime(0001198));
?>

例3 月の末日

指定した月の最後の日は次の月の -1 番目の日ではなく、"0" 番目の日 として表すことが可能です。以下の例はともに文字列"The last day in Feb 2000 is: 29" を出力します。

<?php
$lastday 
mktime(000302000);
echo 
strftime("Last day in Feb 2000 is: %d"$lastday);
$lastday mktime(0004, -312000);
echo 
strftime("Last day in Feb 2000 is: %d"$lastday);
?>

注意

警告

PHP 5.1.0 より前のバージョンでは、負の値のタイムスタンプは Windows の どのバージョンにおいてもサポートされていませんでした。 したがって、年の有効範囲は 1970 年から 2038 年の間のみに限定されていました。

参考


日付・時刻 関数
PHP Manual

レンタルサーバー