Mcrypt 関数
PHP Manual

mcrypt_encrypt

(PHP 4 >= 4.0.2, PHP 5)

mcrypt_encrypt指定したパラメータでプレーンテキストを暗号化する

説明

string mcrypt_encrypt ( string $cipher , string $key , string $data , string $mode [, string $iv ] )

データを暗号化して、それを返します。

パラメータ

cipher

MCRYPT_暗号名 定数のいずれか、 あるいはアルゴリズム名をあらわす文字列。

key

データを暗号化する際のキー。 指定した暗号化方式に対応していないサイズのキーを渡された場合は、 警告を発して FALSE を返します。

data

指定した cipher および mode で暗号化するデータ。 データの大きさが n * blocksize でない場合、データは、 '\0'で埋められます。

返される暗号化されたテキストは、data で指定したデータの大きさよりも大きくなる可能性があります。

mode

定数 MCRYPT_MODE_モード名、あるいは文字列 "ecb", "cbc", "cfb", "ofb", "nofb" ,"stream" のいずれか。

iv

CBC, CFB, OFB モードおよび STREAM モードのいくつかのアルゴリズムの初期化の際に使用されます。 指定した IV のサイズがそのモードでサポートされていない場合、 あるいは IV を必要とするモードで IV が指定されなかった場合は、 この関数は警告を発して FALSE を返します。

返り値

暗号化されたデータを文字列で返します。失敗した場合に FALSE を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.6.0 無効なサイズの keyiv は、受け付けないようになりました。無効な値を受け取った場合、 mcrypt_encrypt() は警告を発して FALSE を返します。 以前のバージョンでは、キーや IV のサイズが足りない場合は '\0' で埋めて、必要なサイズに合わせていました。

例1 mcrypt_encrypt() の例

<?php
    
# --- ENCRYPTION ---

    # the key should be random binary, use scrypt, bcrypt or PBKDF2 to
    # convert a string into a key
    # key is specified using hexadecimal
    
$key pack('H*'"bcb04b7e103a0cd8b54763051cef08bc55abe029fdebae5e1d417e2ffb2a00a3");
    
    
# show key size use either 16, 24 or 32 byte keys for AES-128, 192
    # and 256 respectively
    
$key_size =  strlen($key);
    echo 
"Key size: " $key_size "\n";
    
    
$plaintext "This string was AES-256 / CBC / ZeroBytePadding encrypted.";

    
# create a random IV to use with CBC encoding
    
$iv_size mcrypt_get_iv_size(MCRYPT_RIJNDAEL_128MCRYPT_MODE_CBC);
    
$iv mcrypt_create_iv($iv_sizeMCRYPT_RAND);
    
    
# creates a cipher text compatible with AES (Rijndael block size = 128)
    # to keep the text confidential 
    # only suitable for encoded input that never ends with value 00h
    # (because of default zero padding)
    
$ciphertext mcrypt_encrypt(MCRYPT_RIJNDAEL_128$key,
                                 
$plaintextMCRYPT_MODE_CBC$iv);

    
# prepend the IV for it to be available for decryption
    
$ciphertext $iv $ciphertext;
    
    
# encode the resulting cipher text so it can be represented by a string
    
$ciphertext_base64 base64_encode($ciphertext);

    echo  
$ciphertext_base64 "\n";

    
# === WARNING ===

    # Resulting cipher text has no integrity or authenticity added
    # and is not protected against padding oracle attacks.
    
    # --- DECRYPTION ---
    
    
$ciphertext_dec base64_decode($ciphertext_base64);
    
    
# retrieves the IV, iv_size should be created using mcrypt_get_iv_size()
    
$iv_dec substr($ciphertext_dec0$iv_size);
    
    
# retrieves the cipher text (everything except the $iv_size in the front)
    
$ciphertext_dec substr($ciphertext_dec$iv_size);

    
# may remove 00h valued characters from end of plain text
    
$plaintext_dec mcrypt_decrypt(MCRYPT_RIJNDAEL_128$key,
                                    
$ciphertext_decMCRYPT_MODE_CBC$iv_dec);
    
    echo  
$plaintext_dec "\n";
?>

上の例の出力は以下となります。

Key size: 32
ENJW8mS2KaJoNB5E5CoSAAu0xARgsR1bdzFWpEn+poYw45q+73az5kYi4j+0haevext1dGrcW8Qi59txfCBV8BBj3bzRP3dFCp3CPQSJ8eU=
This string was AES-256 / CBC / ZeroBytePadding encrypted.

参考


Mcrypt 関数
PHP Manual

レンタルサーバー