Mcrypt 関数
PHP Manual

mcrypt_create_iv

(PHP 4, PHP 5)

mcrypt_create_iv乱数ソースから初期化ベクトル(IV)を生成する

説明

string mcrypt_create_iv ( int $size [, int $source = MCRYPT_DEV_URANDOM ] )

初期化ベクトルを、ランダムなソースから作成します。

IV は、単に暗号化ルーチンに異なる初期値を与えるためだけのものです。 この IV は、たとえ要求されていたとしても秘密にしておく必要はありません。 暗号化したデータとともに IV を送信したとしても、セキュリティを損ねる ことはありません。

パラメータ

size

IV のサイズ。

source

IV のソース。 MCRYPT_RAND (システムの乱数生成器)、 MCRYPT_DEV_RANDOM (/dev/random からデータを読む)および MCRYPT_DEV_URANDOM (/dev/urandom からデータを読む) を指定できます。 5.3.0 より前は、 Windows でサポートされているのは MCRYPT_RAND のみでした。

このパラメータのデフォルト値は、PHP 5.6.0 より前のバージョンでは MCRYPT_DEV_RANDOM でした。

返り値

初期化ベクトル、あるいはエラー時に FALSE を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.6.0 source のデフォルト値が MCRYPT_DEV_URANDOM になりました。
5.3.0 MCRYPT_DEV_RANDOM 及び MCRYPT_DEV_URANDOM が Windows プラットフォーム上で利用可能になりました。
5.3.0 srand() を最初に呼び出す必要はもはやありません。 これは現在自動的に行われます。

例1 mcrypt_create_iv() の例

<?php
    $size 
mcrypt_get_iv_size(MCRYPT_CAST_256MCRYPT_MODE_CFB);
    
$iv mcrypt_create_iv($sizeMCRYPT_DEV_RANDOM);
?>

参考


Mcrypt 関数
PHP Manual

レンタルサーバー