LDAP 関数
PHP Manual

ldap_get_values

(PHP 4, PHP 5)

ldap_get_values結果エントリから全ての値を得る

説明

array ldap_get_values ( resource $link_identifier , resource $result_entry_identifier , string $attribute )

結果内のエントリ属性の、すべての値を読み込みます。

この関数のコールは、result_entry_identifier を必要とします。このため、事前に LDAP の検索用関数のコールと個々の エントリ取得用関数のコールを行っておく必要があります。

アプリケーションでは、("surname" または "mail" のような)特定の属性 を探すためにその属性をコードに埋め込んで置くか、さもなくば、指定した エントリに関して存在する属性を調べるために ldap_get_attributes() をコールする必要があります。

パラメータ

link_identifier

ldap_connect() が返す LDAP リンク ID。

result_entry_identifier

attribute

返り値

成功した場合、指定した属性に関する値を配列を返します。エラーの場合は FALSE を返します。値の数を調べるには、結果の配列の "count" という要素を確認します。個々の値にアクセスするには、 整数値のインデックスを指定して配列にアクセスします。 最初のインデックスは 0 となります。

LDAP では、ある属性に関して複数のエントリを持つことが可能です。 このため、たとえば一人の人間のディレクトリエントリに多数の 電子メールアドレスがあったとしても、それらをすべて "mail" という属性で管理することができます。

    return_value["count"] = 属性の値の数
    return_value[0] = 属性の最初の値
    return_value[i] = 属性の i 番目の値
    

例1 あるディレクトリエントリの全ての "mail" 属性の一覧を表示する

<?php
// $ds はディレクトリサーバーの有効なリンク ID

// $sr は事前の LDAP 検索コールのどれかから返された有効な検索結果

// $entry はディレクトリエントリを返すコールのどれかから返された有効な
//        エントリ ID

$values ldap_get_values($ds$entry"mail");

echo 
$values["count"] . " email addresses for this entry.<br />";

for (
$i=0$i $values["count"]; $i++) {
    echo 
$values[$i] . "<br />";
}
?>

参考


LDAP 関数
PHP Manual

レンタルサーバー