LDAP 関数
PHP Manual

ldap_connect

(PHP 4, PHP 5, PHP 7)

ldap_connectLDAP サーバーへ接続する

説明

resource ldap_connect ([ string $host = NULL [, int $port = 389 ]] )

LDAP リンク ID を作成して、指定した host および port が妥当であるかどうかを調べます。

注意: この関数は、接続を確立するするわけでは ありません。 指定したパラメータが妥当であり、必要に応じて接続をオープンできるかどうかを調べるだけです。

パラメータ

host

このフィールドには、ホスト名を指定します。OpenLDAP 2.x.x 以降を使用している場合は、 LDAP URI を指定することもできます。ldap://hostname:port 形式、あるいは SSL を用いる場合は ldaps://hostname:port 形式が使えます。

複数の LDAP URI を指定する場合は、間にスペースをはさんだひとつの文字列とします。

hostname:port 形式は LDAP URI としてサポートされないことに注意しましょう。 スキーマが抜けているからです。

port

接続するポート。LDAP URI を用いる場合は使用しません。

返り値

指定したホスト名とポートの組み合わせ、あるいは LDAP URI が妥当であると思われる場合に正の LDAP リンク ID を返します。 これは単なる構文チェックであり、実際にサーバーに接続するわけではありません。 構文チェックに失敗した場合は FALSE を返します。 OpenLDAP 2.x.x を使用している場合は、 ldap_connect() は常に resource を返しますが、実際には接続せずにパラメータの初期化だけを行います。 実際に接続するのは次に ldap_* 関数がコールされた際で、これは 通常は ldap_bind() です。

引数が指定されない場合、既に開かれているリンクのリンク ID を返します。

例1 LDAP サーバーに接続する例

<?php

// LDAP 変数
$ldaphost "ldap.example.com";  // ldap サーバー
$ldapport 389;                 // ldap サーバーのポート番号

// LDAP に接続します
$ldapconn ldap_connect($ldaphost$ldapport)
          or die(
"Could not connect to $ldaphost");

?>

例2 LDAP サーバーへのセキュアな接続の例

<?php

// サーバー証明書が証明するホストであることを
// 確認する
$ldaphost "ldaps://ldap.example.com/";

// LDAP に接続します
$ldapconn ldap_connect($ldaphost)
          or die(
"Could not connect to {$ldaphost}");

?>

参考


LDAP 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー