ファイルシステム 関数
PHP Manual

is_writable

(PHP 4, PHP 5)

is_writableファイルが書き込み可能かどうかを調べる

説明

bool is_writable ( string $filename )

filenameが存在して、かつそれが書き込み可能であれば TRUEを返します。引数filenameはディレクトリ名とすることができ、 ディレクトリが書き込み可能であることを調べることが可能です。

PHP は、Web サーバーが実行されているユーザー ID('nobody' が多い) でファイルにアクセスすることを覚えておいてください。 セーフモードの制限は働きません。

パラメータ

filename

調べたいファイル名。

返り値

filename が存在して書き込み可能な場合に TRUE を返します。

例1 is_writable() の例

<?php
$filename 
'test.txt';
if (
is_writable($filename)) {
    echo 
'このファイルは書き込み可能です';
} else {
    echo 
'このファイルは書き込みできません';
}
?>

エラー / 例外

失敗したときは E_WARNING が発生します。

注意

注意: この関数の結果は キャッシュされます。詳細は、clearstatcache() を参照してください。

ヒント

PHP 5.0.0 以降、この関数は、 何らかの URL ラッパーと組合せて使用することができます。 どのラッパーが stat() ファミリーをサポートしているかを調べるには サポートするプロトコル/ラッパー を参照してください。

参考


ファイルシステム 関数
PHP Manual

レンタルサーバー