PHP オプション/情報 関数
PHP Manual

ini_get_all

(PHP 4 >= 4.2.0, PHP 5)

ini_get_allすべての設定オプションを得る

説明

array ini_get_all ([ string $extension [, bool $details = true ]] )

すべての登録済み設定オプションを返します。

パラメータ

extension

オプションで指定する拡張モジュール名。指定した場合は、 その拡張モジュールに関するオプションのみを返します。

details

詳細な設定を取得するか、あるいは各設定の現在の値のみを取得するか。 デフォルトは TRUE (詳細情報を取得する) です。

返り値

ディレクティブ名をキーとする連想配列を返します。

detailsTRUE (デフォルト) の場合、 配列の値は、 global_value (php.iniで設定されている)、 local_value (おそらくini_set()または .htaccessでセットされている)、access (アクセスレベル) を含む配列となります。

detailsFALSE の場合、 配列の値はそのオプションの現在の値となります。

アクセスレベルの意味についてはマニュアルを参照ください。

注意:

ひとつのディレクティブに複数のアクセスレベルを設定することができます。 access がビットマスク値となっているのはそのためです。

変更履歴

バージョン 説明
5.3.0 details が追加されました。

例1 ini_get_all() の例

<?php
print_r
(ini_get_all("pcre"));
print_r(ini_get_all());
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Array
(
    [pcre.backtrack_limit] => Array
        (
            [global_value] => 100000
            [local_value] => 100000
            [access] => 7
        )

    [pcre.recursion_limit] => Array
        (
            [global_value] => 100000
            [local_value] => 100000
            [access] => 7
        )

)
Array
(
    [allow_call_time_pass_reference] => Array
        (
            [global_value] => 0
            [local_value] => 0
            [access] => 6
        )

    [allow_url_fopen] => Array
        (
            [global_value] => 1
            [local_value] => 1
            [access] => 4
        )

    ...

)

例2 details を無効にする例

<?php
print_r
(ini_get_all("pcre"false)); // PHP 5.3.0 で追加されました
print_r(ini_get_all(nullfalse)); // PHP 5.3.0 で追加されました
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Array
(
    [pcre.backtrack_limit] => 100000
    [pcre.recursion_limit] => 100000
)
Array
(
    [allow_call_time_pass_reference] => 0
    [allow_url_fopen] => 1
    ...
)

参考


PHP オプション/情報 関数
PHP Manual

レンタルサーバー