変数操作 関数
PHP Manual

import_request_variables

(PHP 4 >= 4.1.0, PHP 5 < 5.4.0)

import_request_variablesGET/POST/Cookie 変数をグローバルスコープにインポートする

説明

bool import_request_variables ( string $types [, string $prefix ] )

GET/POST/Cookie 変数をグローバルスコープにインポートします。 この関数は、register_globals を無効としているが、いくつかの変数をグローバルスコープで参照したいといった場合に有用です。

$_SERVER のような他の変数をグローバルスコープへインポートすることを考えている場合には、 extract() の使用を検討してください。

警告

この関数は PHP 5.3.0 で 非推奨となり、 PHP 5.4.0 で削除されました。

パラメータ

types

types パラメータを使用すると、インポートする リクエスト変数の種類を指定可能です。文字 'G'、'P'、'C' がそれぞれ GET、POST、Cookie を表します。これらは大文字小文字を区別しないため、 'g'、'p'、'c' の組み合せも使用することが可能です。 POST には、アップロードされたファイルに関する情報も含まれます。

注意:

文字の順番には注意してください。 "GP" とすると、POST 変数は同名の GET 変数を上書きします。GPC 以外の文字は無視されます。

prefix

変数名の接頭辞として使用され、 グローバルスコープにインポートされる全ての変数名の前に付加されます。 このため、"userid" という名前の GET 値があり、 接頭辞 "pref_" を指定した場合、 $pref_userid という名前のグローバル変数が作成されます。

注意:

prefix パラメータはオプションですが、 接頭辞を指定しないか接頭辞として空の文字列を指定した場合、 E_NOTICE レベルのエラーが発生します。 これは、セキュリティ上の問題を発生する可能性があります。 NOTICE レベルのエラーは、デフォルトの error reporting レベルでは表示されません。

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

例1 import_request_variables() の例

<?php
// GET および POST 変数を、接頭辞 "rvar_" を付けて
// インポートします
import_request_variables("gp""rvar_");

echo 
$rvar_foo;
?>

参考


変数操作 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー