IMAP 関数
PHP Manual

imap_list

(PHP 4, PHP 5, PHP 7)

imap_listメールボックスのリストを読み込む

説明

array imap_list ( resource $imap_stream , string $ref , string $pattern )

メールボックスのリストを読み込みます。

パラメータ

imap_stream

imap_open() が返す IMAP ストリーム。

ref

通常、refimap_open() で述べられているサーバー定義です。

pattern

検索を開始するメールボックスの階層を指定します。

pattern の中で使用できる特別な文字として '*' および '%' があります。 '*' は、すべてのメールボックスを意味します。 pattern に '*' を指定すると、 メールボックス階層全体のリストが得られます。 '%' は現在のレベルのみを意味します。 '%' を pattern に指定すると、 トップレベルのメールボックスのみを返します。UW_IMAPD の場合、 '~/mail/%' は ~/mail ディレクトリ内のすべてのメールボックスを返しますが、 そのディレクトリのサブフォルダにあるメールボックスは返しません。

返り値

メールボックスの名前を含む配列を返します。 または失敗時に false を返します。

例1 imap_list() の例

<?php
$mbox 
imap_open("{imap.example.org}""username""password"OP_HALFOPEN)
      or die(
"接続できません: " imap_last_error());

$list imap_list($mbox"{imap.example.org}""*");
if (
is_array($list)) {
    foreach (
$list as $val) {
        echo 
imap_utf7_decode($val) . "\n";
    }
} else {
    echo 
"imap_list が失敗しました: " imap_last_error() . "\n";
}

imap_close($mbox);
?>

参考


IMAP 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー