GD および Image 関数
PHP Manual

imagettftext

(PHP 4, PHP 5)

imagettftextTrueType フォントを使用してテキストを画像に書き込む

説明

array imagettftext ( resource $image , float $size , float $angle , int $x , int $y , int $color , string $fontfile , string $text )

指定した text を、 TrueType フォントを使用して画像に書き込みます。

パラメータ

image

imagecreatetruecolor() のような画像作成関数が返す画像リソース。

size

フォントサイズ。GD のバージョンによって、ピクセル単位 (GD1) あるいはポイント数 (GD2) で指定します。

angle

度で表される角度。0 度は左から右にテキストを読む方向になります。 0 より大きな値は、反時計回りの回転を表現します。例えば、 90 という値は下から上にテキストを読む方向になります。

x

xy で与えられた座標は、最初の文字のベースポイント (ほぼ文字の左下角) を定義します。 この仕様は、xy で最初の文字の右上角を定義する imagestring() と異なっています。 例えば、左上は 0, 0 となります。

y

y 座標。これは文字の最下位置ではなく、 フォントペースラインの位置を指定します。

color

カラーインデックス。負の数を使用した場合、 アンチエイリアス機能がオフになります。 imagecolorallocate() を参照ください。

fontfile

使用する TrueType フォントのパス。

PHP が使用している GD ライブラリのバージョンに依存しており、 fontfile/ で始まらない場合、ファイル名に .ttf が追加され、 ライブラリはライブラリが定義したフォントパスから ファイル名を検索しようとします。

2.0.18 以前のバージョンの GD ライブラリを使用している場合、 異なるフォントファイルに対する 'パスの区切り文字' として セミコロンよりも space 文字が使用されます。 この特徴が意図せずに使用されることで Warning: Could not find/open font という結果になります。 これらの影響があるバージョンに対する唯一の解決方法は、 スペースを含まないパスにフォントを移動させることです。

フォントがスクリプトと同一ディレクトリに存在している場合のほとんどで、 以下のトリックが問題の軽減に繋がります。

<?php
// GD の環境変数を設定します
putenv('GDFONTPATH=' realpath('.'));

// 使用するフォント名を指定します (拡張子 .ttf がないことに注意)
$font 'SomeFont';
?>

text

テキスト文字列を UTF-8 エンコーディングで表したもの。

フォント内で 127 文字目以降の文字にアクセスするために、 (&#8364; のような) 十進数文字参照を含めることができます。 (&#xA9; のような) 十六進形式もサポートしています。 UTF-8 エンコーディングされた文字列を直接渡すことができます。

&copy; のような文字エンティティはサポートされません。 html_entity_decode() を使用して、 文字エンティティを UTF-8 文字列にすることを検討してください。

フォントでサポートされていない文字が文字列で使用されている場合、 その文字は白抜きの矩形に置き換えられます。

返り値

テキストの境界を 構成する 4 点を表す 8 個の要素を有する配列を返します。 返される点は左下、右下、右上、左上の順番となります。 点の座標は、角度によらず text に関する相対座標として表されます。 つまり、"左上"は、text を水平に見た場合の左上の隅を表します。 エラー時には FALSE を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.2.0 text で十六進形式のエンティティを指定できるようになりました。

例1 imagettftext() の例

この例は、400x30 ピクセルの白地に Arial フォントを用いて、黒字 (グレーの影付き) で "Testing..." と書かれた PNG を作成します。

<?php
// コンテントタイプを設定します
header('Content-Type: image/png');

// 画像を生成します
$im imagecreatetruecolor(40030);

// いくつかの色を生成します
$white imagecolorallocate($im255255255);
$grey imagecolorallocate($im128128128);
$black imagecolorallocate($im000);
imagefilledrectangle($im0039929$white);

// 描画する文字列
$text 'Testing...';
// フォント自身のパスでパスを置き換えます
$font 'arial.ttf';

// テキストに影を付けます
imagettftext($im2001121$grey$font$text);

// テキストを追加します
imagettftext($im2001020$black$font$text);

// imagepng() を使用して imagejpeg() よりもクリアなテキストにします
imagepng($im);
imagedestroy($im);
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

出力例 : imagettftext()

注意

注意:

この関数は GD ライブラリと » FreeType ライブラリの両方が必要です。

参考


GD および Image 関数
PHP Manual

レンタルサーバー