GD および Image 関数
PHP Manual

imageftbbox

(PHP 4 >= 4.0.7, PHP 5, PHP 7)

imageftbboxfreetype2 によるフォントを用いたテキストを囲む箱を取得する

説明

array imageftbbox ( float $size , float $angle , string $fontfile , string $text [, array $extrainfo ] )

この関数は FreeType テキスト用のバウンディングボックスをピクセル単位で算出し、 それを返します。

注意:

imageftbbox() is an extended variant of imagettfbbox() which additionally supports the extrainfo.

パラメータ

size

ポイント数単位のフォントサイズ。

angle

text を取得する角度。

fontfile

TrueType フォントのファイル名 (URL も可)。 PHP が使用している GD ライブラリのバージョンにも依存しますが、 先頭に '/' がついていないファイル名を渡した場合は ファイル名の末尾に '.ttf' を追加して GD のフォントパスからファイルを探そうとすることもあります。

text

取得したい文字列。

extrainfo

extrainfo の配列のインデックス
キー 意味
linespacing float 描画時の行間を定義します

返り値

imageftbbox() は 8 つの要素からなる配列を返します。 これが、テキストを囲む箱の 4 つの角の座標を表します。

0 左下角の X 座標
1 左下角の Y 座標
2 右下角の X 座標
3 右下角の Y 座標
4 右上角の X 座標
5 右上角の Y 座標
6 左上角の X 座標
7 左上角の Y 座標

これらの点は、angle の値にかかわらず text からの相対位置になります。 つまり「左上」とは、そのテキストが水平になるように見たときの左上ということです。

例1 imageftbbox() の例

<?php
// 300x150 の画像を作成します
$im imagecreatetruecolor(300150);
$black imagecolorallocate($im000);
$white imagecolorallocate($im255255255);

// 背景色を白に設定します
imagefilledrectangle($im00299299$white);

// フォントファイルへのパス
$font './arial.ttf';

// まずバウンディングボックスを作成します
$bbox imageftbbox(100$font'The PHP Documentation Group');

// X 座標および Y 座標
$x $bbox[0] + (imagesx($im) / 2) - ($bbox[4] / 2) - 5;
$y $bbox[1] + (imagesy($im) / 2) - ($bbox[5] / 2) - 5;

imagefttext($im100$x$y$black$font'The PHP Documentation Group');

// ブラウザに出力します
header('Content-Type: image/png');

imagepng($im);
imagedestroy($im);
?>

注意

注意: この関数は、PHP が FreeType サポート (--with-freetype-dir=DIR ) を有効にしてコンパイルされている場合のみ使用可能です。

参考


GD および Image 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー