GD および Image 関数
PHP Manual

imagecreatefromgif

(PHP 4, PHP 5, PHP 7)

imagecreatefromgif新しい画像をファイルあるいは URL から作成する

説明

resource imagecreatefromgif ( string $filename )

imagecreatefromgif() は、 指定したファイル名の画像を表す画像 ID を返します。

警告

GIF ファイルをメモリに取り込む際、最初のフレームだけが 画像リソースポインタで返されます。getimagesize() で報告される画像サイズは必ずしも必要ではありません。

ヒント

fopen wrappers が有効の場合、この関数のファイル名として URL を使用することができます。ファイル名の指定方法に関する詳細は fopen() を参照ください。 サポートするプロトコル/ラッパー には、さまざまなラッパーの機能やその使用法、 提供される定義済み変数などの情報がまとめられています。

パラメータ

filename

GIF 画像へのパス。

返り値

成功した場合に画像リソース ID、エラー時に FALSE を返します。

例1 GIF の作成時のエラーを処理する例

<?php
function LoadGif($imgname)
{
    
/* オープンします */
    
$im = @imagecreatefromgif($imgname);

    
/* 失敗したかどうかを調べます */
    
if(!$im)
    {
        
/* 空の画像を作成します */
        
$im imagecreatetruecolor (15030);
        
$bgc imagecolorallocate ($im255255255);
        
$tc imagecolorallocate ($im000);

        
imagefilledrectangle ($im0015030$bgc);

        
/* エラーメッセージを出力します */
        
imagestring ($im155'Error loading ' $imgname$tc);
    }

    return 
$im;
}

header('Content-Type: image/gif');

$img LoadGif('bogus.image');

imagegif($img);
imagedestroy($img);
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

出力例 : GIF の作成時のエラーを処理する例

注意

注意:

GIF サポートは GD ライブラリのバーション 1.6 以降で削除され、 バージョン 2.0.28 で復活しました。 その間のバージョンでは、この関数を使用できません。


GD および Image 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー