IDN 関数
PHP Manual

idn_to_utf8

(PHP 5 >= 5.3.0, PECL intl >= 1.0.2, PECL idn >= 0.1)

idn_to_utf8IDNAのASCII方式でエンコードされたドメイン名をUnicodeに変換する

説明

手続き型

string idn_to_utf8 ( string $domain [, int $options = 0 [, int $variant = INTL_IDNA_VARIANT_2003 [, array &$idna_info ]]] )

IDNAのASCII方式でエンコードされたドメイン名をUTF-8でエンコードされたUnicodeに変換します。

パラメータ

domain

IDNAのASCII方式でエンコードされた、変換対象のドメイン名

options

変換オプション - IDNA_ ではじまる定数 (IDNA_ERROR_* 定数を除く) の組み合わせです

variant

IDNA 2003 の場合は INTL_IDNA_VARIANT_2003、あるいは UTS #46 の場合は INTL_IDNA_VARIANT_UTS46

idna_info

このパラメータを使うのは、variantINTL_IDNA_VARIANT_UTS46 の場合だけです。 このとき、このパラメータには 'result''isTransitionalDifferent'、そして 'errors' の三つのキーを含む配列が入ります。 'result' にはおそらく不正だと考えられる変換結果、 'isTransitionalDifferent' には UTS #46 の非移行的な機能を使って結果を変更したかどうかをあらわす boolean 値、そして 'errors' はエラー定数 IDNA_ERROR_* のビットセットを表します。

返り値

Unicodeのドメイン名。UTF-8 にエンコードされています。失敗した場合に FALSE を返します

変更履歴

バージョン 説明
5.4.0/PECL 2.0.0b1 パラメータ variantidna_info が追加され、UTS #46 をサポートするようになりました。

例1 idn_to_utf8() の例

<?php

echo idn_to_utf8('xn--tst-qla.de'); 

?>

上の例の出力は以下となります。

täst.de

参考


IDN 関数
PHP Manual

レンタルサーバー