Firebird/InterBase 関数
PHP Manual

ibase_execute

(PHP 5)

ibase_execute準備されたクエリを実行する

説明

resource ibase_execute ( resource $query [, mixed $bind_arg [, mixed $... ]] )

ibase_prepare() で準備したクエリを実行します。

いくつかのパラメータが変わるだけで同じクエリを 複数回実行する場合には、この関数は ibase_query() を使用するよりもずっと効率的です。

パラメータ

query

ibase_prepare() で準備した InterBase クエリ。

bind_arg

...

返り値

クエリがエラーを発生させた場合は FALSE を返します。 クエリが成功し、結果セット(空のセットとなる可能性もありえます)を 返した場合(SELECT クエリなど)は結果 ID を返します。クエリが成功し、 結果セットが返されなかった場合は TRUE を返します。

注意:

この関数はクエリによって変更された行の数を 返します(行を変更するクエリで、結果が 0 より大きかった場合)。 クエリは成功したが、どの行も変更されなかった場合(例: 存在しない 行に対する UPDATE)は TRUE を返します。

例1 ibase_execute() の例

<?php

$dbh 
ibase_connect($host$username$password);

$updates = array(
    
=> 'Eric',
    
=> 'Filip',
    
=> 'Larry'
);

$query ibase_prepare($dbh"UPDATE FOO SET BAR = ? WHERE BAZ = ?");

foreach (
$updates as $baz => $bar) {
    
ibase_execute($query$bar$baz);
}

?>

参考


Firebird/InterBase 関数
PHP Manual

レンタルサーバー