Firebird/InterBase 関数
PHP Manual

ibase_connect

(PHP 5, PHP 7)

ibase_connectデータベースへの接続をオープンする

説明

resource ibase_connect ([ string $database [, string $username [, string $password [, string $charset [, int $buffers [, int $dialect [, string $role [, int $sync ]]]]]]]] )

Firebird/InterBase サーバーへの接続を確立します。

同じ引数で ibase_connect() が再度コールされた場合、 新規のリンクは作成されず、代わりに既にオープンされているリンクの リンク ID が返されます。 ibase_close() を明示的にコールしない限り、 サーバーへのリンクはスクリプトの実行終了時に閉じられます。

パラメータ

database

databaseは接続するサーバー上のデータベース ファイルへの正しいパスである必要があります。ローカルなサーバーへの 接続でない場合、使用する接続プロトコルに応じてこの引数の前に 'hostname:' (TCP/IP)、'hostname/port:' (カスタム TCP ポート上での interbase サーバーでの TCP/IP)、'//hostname/' (NetBEUI) のどれかをつける必要があります。

username

ユーザー名。php.ini ディレクティブ ibase.default_user で設定します。

password

username のパスワード。 php.ini ディレクティブ ibase.default_password で設定します。

charset

charset はデータベースに関するデフォルトの文字セットです。

buffers

buffers はサーバー側のキャッシュに確保されるデータベースバッファの数です。0 または省略された場合、サーバーはデフォルト値を用います。

dialect

dialect は、接続時に実行される全ての命令に 関する SQL 方言のデフォルト値を選択し、デフォルトではクライアント ライブラリでサポートされる方言のうち、最高位のものになります。

role

InterBase 5 以降でのみ有効です。

sync

返り値

成功した場合に Firebird/InterBase リンク ID、エラー時に FALSE を返します。

エラー / 例外

この関数を使用して ibase_query() をコールした後に "arithmetic exception, numeric overflow, or string truncation. Cannot transliterate character between character sets" のようなエラーが発生した場合 (たとえばアクセント記号つきの文字を使用した場合などに発生します)、 文字セットを指定する必要があります (例: ISO8859_1 あるいは現在の文字セット)。

例1 ibase_connect() の例

<?php
$host 
'localhost:/path/to/your.gdb';

$dbh ibase_connect($host$username$password);
$stmt 'SELECT * FROM tblname';
$sth ibase_query($dbh$stmt);
while (
$row ibase_fetch_object($sth)) {
    echo 
$row->email"\n";
}
ibase_free_result($sth);
ibase_close($dbh);
?>

参考


Firebird/InterBase 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー