ネットワーク 関数
PHP Manual

http_response_code

(PHP 5 >= 5.4.0, PHP 7)

http_response_codeHTTP レスポンスコードを取得または設定

説明

mixed http_response_code ([ int $response_code ] )

HTTP レスポンスのステータスコードを取得したり設定したりします。

パラメータ

response_code

オプションの response_code は、レスポンスコードを設定します。

返り値

response_code を指定した場合は、変更前に設定されていたステータスコードを返します。 response_code を省略した場合は、現在のステータスコードを返します。 どちらの場合でも、Web サーバー環境におけるデフォルトのステータスコードは 200 です。

response_code が省略されており、 かつ Web サーバー環境以外 (CLI アプリケーションなど) で実行した場合には、FALSE を返します。 response_code を指定して、 かつ Web サーバー環境以外 (CLI アプリケーションなど) で実行した場合 (ただし、事前にレスポンスのステータスが設定されていない場合に限る) には、TRUE を返します。

例1 Web サーバー環境における http_response_code() の使用例

<?php

// 現在のレスポンスコードを取得して、新しいコードを設定します
var_dump(http_response_code(404));

// 新しいレスポンスコードを取得します
var_dump(http_response_code());
?>

上の例の出力は以下となります。

int(200)
int(404)

例2 CLI 環境における http_response_code() の使用例

<?php

// 現在のデフォルトのレスポンスコードを取得します
var_dump(http_response_code());

// レスポンスコードを設定します
var_dump(http_response_code(201));

// 新しいレスポンスコードを取得します
var_dump(http_response_code());
?>

上の例の出力は以下となります。

bool(false)
bool(true)
int(201)

参考


ネットワーク 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー