URL 関数
PHP Manual

http_build_query

(PHP 5)

http_build_queryURL エンコードされたクエリ文字列を生成する

説明

string http_build_query ( mixed $query_data [, string $numeric_prefix [, string $arg_separator [, int $enc_type = PHP_QUERY_RFC1738 ]]] )

与えられた連想配列 (もしくは添字配列) から URL エンコードされたクエリ文字列を生成します。

パラメータ

query_data

プロパティを含む配列もしくはオブジェクト。

query_data が配列の場合の形式は、 単純な一次元構造か あるいは配列の配列 (言い換えると、他の配列を含む配列) となります。

query_data がオブジェクトの場合、 public プロパティだけが結果に含められます。

numeric_prefix

もし数値インデックスが基底となる配列に使用されたり numeric_prefix が指定された場合、 基底となる配列の要素に対する数値インデックスの前にこれが追加されます。

これは、後で PHP や他の CGI アプリケーションによってデータがデコードされる際、 正当な変数名になるよう考慮したものです。

arg_separator

arg_separator.output が区分のためのセパレータとして使用されます。ただし、 このパラメータが指定されていた場合は それが使用されます。

enc_type

デフォルトは PHP_QUERY_RFC1738 です。

enc_typePHP_QUERY_RFC1738 の場合は » RFC 1738 に従ってエンコードされ、メディアタイプは application/x-www-form-urlencoded となります。 つまり、スペースはプラス記号 (+) にエンコードされるということです。

enc_typePHP_QUERY_RFC3986 の場合は » RFC 3986 に従ってエンコードされ、 スペースはパーセント形式 (%20) となります。

返り値

URL エンコードされた文字列を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.4.0 enc_type パラメータが追加されました。
5.1.3 角括弧がエスケープされるようになりました。
5.1.2 パラメータ arg_separator が追加されました。

例1 http_build_query() の簡単な使用法

<?php
$data 
= array('foo'=>'bar',
              
'baz'=>'boom',
              
'cow'=>'milk',
              
'php'=>'hypertext processor');

echo 
http_build_query($data) . "\n";
echo 
http_build_query($data'''&amp;');

?>

上の例の出力は以下となります。

foo=bar&baz=boom&cow=milk&php=hypertext+processor
foo=bar&amp;baz=boom&amp;cow=milk&amp;php=hypertext+processor

例2 数値インデックス要素の場合での http_build_query()

<?php
$data 
= array('foo''bar''baz''boom''cow' => 'milk''php' =>'hypertext processor');

echo 
http_build_query($data) . "\n";
echo 
http_build_query($data'myvar_');
?>

上の例の出力は以下となります。

0=foo&1=bar&2=baz&3=boom&cow=milk&php=hypertext+processor
myvar_0=foo&myvar_1=bar&myvar_2=baz&myvar_3=boom&cow=milk&php=hypertext+processor

例3 複雑な配列の場合での http_build_query()

<?php
$data 
= array('user'=>array('name'=>'Bob Smith',
                            
'age'=>47,
                            
'sex'=>'M',
                            
'dob'=>'5/12/1956'),
              
'pastimes'=>array('golf''opera''poker''rap'),
              
'children'=>array('bobby'=>array('age'=>12,
                                               
'sex'=>'M'),
                                
'sally'=>array('age'=>8,
                                               
'sex'=>'F')),
              
'CEO');

echo 
http_build_query($data'flags_');
?>

この例は以下を出力します: (可読性のため適宜折り返しています)

user%5Bname%5D=Bob+Smith&user%5Bage%5D=47&user%5Bsex%5D=M&
user%5Bdob%5D=5%2F12%2F1956&pastimes%5B0%5D=golf&pastimes%5B1%5D=opera&
pastimes%5B2%5D=poker&pastimes%5B3%5D=rap&children%5Bbobby%5D%5Bage%5D=12&
children%5Bbobby%5D%5Bsex%5D=M&children%5Bsally%5D%5Bage%5D=8&
children%5Bsally%5D%5Bsex%5D=F&flags_0=CEO

注意:

基底の配列内の数値インデックス要素 "CEO" のみ、 接頭辞を受け取ります。pastimes 以下にある他の数値インデックスは、 正当な変数名にするための文字列の接頭辞を要求しません。

例4 オブジェクトの場合の http_build_query() の使用

<?php
class parentClass {
    public    
$pub      'publicParent';
    protected 
$prot     'protectedParent';
    private   
$priv     'privateParent';
    public    
$pub_bar  Null;
    protected 
$prot_bar Null;
    private   
$priv_bar Null;

    public function 
__construct(){
        
$this->pub_bar  = new childClass();
        
$this->prot_bar = new childClass();
        
$this->priv_bar = new childClass();
    }
}

class 
childClass {
    public    
$pub  'publicChild';
    protected 
$prot 'protectedChild';
    private   
$priv 'privateChild';
}

$parent = new parentClass();

echo 
http_build_query($parent);
?>

上の例の出力は以下となります。

pub=publicParent&pub_bar%5Bpub%5D=publicChild

参考


URL 関数
PHP Manual

レンタルサーバー