String 関数
PHP Manual

html_entity_decode

(PHP 4 >= 4.3.0, PHP 5)

html_entity_decodeHTML エンティティを適切な文字に変換する

説明

string html_entity_decode ( string $string [, int $flags = ENT_COMPAT | ENT_HTML401 [, string $encoding = ini_get("default_charset") ]] )

html_entity_decode()htmlentities() の反対で、string にあるすべての HTML エンティティを適切な文字に変換します。

厳密に言うと、この関数は次の二つの条件を満たすすべての (数値エンティティを含む) エンティティをデコードします。それ以外のエンティティは、何も変換しません。 1) 選択したドキュメントタイプで必然的に有効になるもの。つまり XML の場合には、DTD で定義されている名前付きエンティティはデコードしません。 2) 選択したエンコーディングに関連づけられている符号化文字集合に含まれる文字で、 選択したドキュメントタイプで許可されているもの。

パラメータ

string

入力文字列。

flags

以下のフラグのビットマスクによる組み合わせで、クォートの扱いやドキュメントの形式を指定します。 デフォルトは ENT_COMPAT | ENT_HTML401 です。

使用可能な flags 定数
定数名 説明
ENT_COMPAT ダブルクォートを変換し、シングルクォートはそのままにします。
ENT_QUOTES ダブルクォート、シングルクォートの両方を変換します。
ENT_NOQUOTES ダブルクォート、シングルクォートの両方とも変換しません。
ENT_HTML401 コードを HTML 4.01 として処理します。
ENT_XML1 コードを XML 1 として処理します。
ENT_XHTML コードを XHTML として処理します。
ENT_HTML5 コードを HTML 5 として処理します。

encoding

オプションの引数。文字を変換するときに使うエンコーディングを定義します。

省略した場の encoding のデフォルト値は、varies PHP のバージョンによって異なります。 PHP 5.6.0 以降では、デフォルト値として default_charset の値を使います。PHP 5.4 と PHP 5.5 のデフォルト値は、 UTF-8 で、それより前のバージョンの PHP のデフォルト値は ISO-8859-1 でした。

技術的にはこの引数を省略可能ですが、PHP 5.5 以前のバージョンを使っている場合や、 default_charset の指定が入力とは違う文字セットになっている場合は、 適切な値を指定しておくことを強く推奨します。

以下の文字セットをサポートします。

サポートする文字セット
文字セット エイリアス 説明
ISO-8859-1 ISO8859-1 西欧、Latin-1
ISO-8859-5 ISO8859-5 ほとんど使われないキリル文字セット (Latin/Cyrillic)。
ISO-8859-15 ISO8859-15 西欧、Latin-9 。Latin-1(ISO-8859-1) に欠けている ユーロ記号やフランス・フィンランドの文字を追加したもの。
UTF-8   ASCII 互換のマルチバイト 8 ビット Unicode 。
cp866 ibm866, 866 DOS 固有のキリル文字セット。
cp1251 Windows-1251, win-1251, 1251 Windows 固有のキリル文字セット。
cp1252 Windows-1252, 1252 西欧のための Windows 固有の文字セット。
KOI8-R koi8-ru, koi8r ロシア語。
BIG5 950 繁体字中国語。主に台湾で使用されます。
GB2312 936 簡体字中国語。国の標準文字セットです。
BIG5-HKSCS   Big5 に香港の拡張を含めたもの。繁体字中国語。
Shift_JIS SJIS, SJIS-win, cp932, 932 日本語。
EUC-JP EUCJP, eucJP-win 日本語。
MacRoman   Mac OS で使われる文字セット。
''   空文字列を指定すると、 スクリプトのエンコーディング (Zend multibyte)、 default_charset、 そして現在のロケール (nl_langinfo() および setlocale() を参照ください) の順でエンコーディングを検出します。 この方法はおすすめしません。

注意: これら以外の文字セットは理解できません。 かわりにデフォルトのエンコーディングを使用し、警告を発生させます。

返り値

デコードされた文字列を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.6.0 encoding パラメータのデフォルト値が、 default_charset の設定値に変わりました。
5.3.3 デフォルトのエンコーディングが ISO-8859-1 から UTF-8 に変わりました。
5.4.0 定数 ENT_HTML401ENT_XML1ENT_XHTML および ENT_HTML5 が追加されました。

例1 HTML エンティティのデコード

<?php
$orig 
"I'll \"walk\" the <b>dog</b> now";

$a htmlentities($orig);

$b html_entity_decode($a);

echo 
$a// I'll &quot;walk&quot; the &lt;b&gt;dog&lt;/b&gt; now

echo $b// I'll "walk" the <b>dog</b> now
?>

注意

注意:

trim(html_entity_decode('&nbsp;')); の結果が空の文字列に ならないことを疑問に思う人もいるでしょう。なぜそうなるのかというと、 デフォルトのエンコーディング ISO-8859-1 では '&nbsp;' エンティティが ASCII コード 32 (これは trim() で取り除かれる) ではなく ASCII コード 160 (0xa0) に変換されるからです。

参考


String 関数
PHP Manual

レンタルサーバー