Hash 関数
PHP Manual

hash

(PHP 5 >= 5.1.2, PHP 7, PECL hash >= 1.1)

hashハッシュ値 (メッセージダイジェスト) を生成する

説明

string hash ( string $algo , string $data [, bool $raw_output = FALSE ] )

パラメータ

algo

選択したアルゴリズムの名前 (すなわち "md5"、"sha256"、"haval160,4" など…)。

data

ハッシュするメッセージ。

raw_output

TRUE を設定すると、生のバイナリデータを出力します。 FALSE の場合は小文字の 16 進数値となります。

返り値

raw_output が true に設定されていない場合は、 メッセージダイジェストの計算結果を小文字の 16 進数値形式の文字列で 返します。もし true に設定されていた場合は、メッセージダイジェストが そのままのバイナリ形式で返されます。

変更履歴

バージョン 説明
5.4.0 tiger アルゴリズムで、ビッグエンディアンのバイトオーダーを使うようになりました。以下のサンプルも参照ください。

例1 hash() の例

<?php
echo hash('ripemd160''The quick brown fox jumped over the lazy dog.');
?>

上の例の出力は以下となります。

ec457d0a974c48d5685a7efa03d137dc8bbde7e3

例2 PHP 5.4 より前のバージョンでの tiger ハッシュの、PHP 5.4 以降での計算

<?php
function old_tiger($data ""$width=192$rounds 3) {
    return 
substr(
        
implode(
            
array_map(
                function (
$h) {
                    return 
str_pad(bin2hex(strrev($h)), 16"0");
                },
                
str_split(hash("tiger192,$rounds"$datatrue), 8)
            )
        ),
        
048-(192-$width)/4
    
);
}
echo 
hash('tiger192,3''a-string'), PHP_EOL;
echo 
old_tiger('a-string'), PHP_EOL;
?>

上の例の PHP 5.3 での出力は、このようになります。

146a7492719b3564094efe7abbd40a7416fd900179d02773
64359b7192746a14740ad4bb7afe4e097327d0790190fd16

上の例の PHP 5.4 での出力は、このようになります。

64359b7192746a14740ad4bb7afe4e097327d0790190fd16
146a7492719b3564094efe7abbd40a7416fd900179d02773

参考


Hash 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー