Hash 関数
PHP Manual

hash_file

(PHP 5 >= 5.1.2, PHP 7, PECL hash >= 1.1)

hash_fileファイルの内容から、ハッシュ値を生成する

説明

string hash_file ( string $algo , string $filename [, bool $raw_output = FALSE ] )

パラメータ

algo

選択したアルゴリズムの名前 (すなわち "md5"、"sha256"、"haval160,4" など…)。

filename

ハッシュ対象となるファイルの位置を示す URL。 fopen ラッパーをサポートしています。

raw_output

TRUE を設定すると、生のバイナリデータを出力します。 FALSE の場合は小文字の 16 進数値となります。

返り値

raw_output が true に設定されていない場合は、 メッセージダイジェストの計算結果を小文字の 16 進数値形式の文字列で 返します。もし true に設定されていた場合は、メッセージダイジェストが そのままのバイナリ形式で返されます。

例1 hash_file() の使用例

<?php
/* ハッシュ値を計算するファイルを作成します */
file_put_contents('example.txt''The quick brown fox jumped over the lazy dog.');

echo 
hash_file('md5''example.txt');
?>

上の例の出力は以下となります。

5c6ffbdd40d9556b73a21e63c3e0e904

参考


Hash 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー