日付・時刻 関数
PHP Manual

gmmktime

(PHP 4, PHP 5)

gmmktimeGMT 日付から Unix タイムスタンプを取得する

説明

int gmmktime ([ int $hour = gmdate("H") [, int $minute = gmdate("i") [, int $second = gmdate("s") [, int $month = gmdate("n") [, int $day = gmdate("j") [, int $year = gmdate("Y") [, int $is_dst = -1 ]]]]]]] )

指定されるパラメータが GMT 日付を表すこと以外は mktime() と同じです。 gmmktime() は内部で mktime() を使用しているので、ローカル時刻として有効な値のみが使用可能です。

mktime() と同様に、 引数は右から順に省略することができます。 省略された引数は、GMT の日付と時刻に従って、現在の値にセットされます。

パラメータ

hour

monthdayyear で決まる日付の 0 時から数えた「時」。負の値は、その日の 0 時から前にさかのぼった時間を表します。 23 より大きい値は、その翌日以降の該当する時間を表します。

minute

hour 時 0 分から数えた「分」。 負の値は、その前の時刻を表します。 59 より大きい値は、その次の時間以降の該当する時間を表します。

second

minute 分 0 秒から数えた「秒」。 負の値は、その前の時刻を表します。 59 より大きい値は、その次の分以降の該当する時間を表します。

month

前年末から数えた月数。1 から 12 までの場合は、カレンダーどおりのその年の「月」を表します。 (負の値を含めた) 1 より小さい値は、前年の月を逆順でたどります。 つまり 0 なら 12 月、-1 なら 11 月になるということです。 12 より大きい値は、その翌年以降の該当する月を表します。

day

前月末から数えた日数。1 から 28、29、30、31 (月によって異なる) までの場合は、その月の「日」を表します。 (負の値を含めた) 1 より小さい値は、前月の日を逆順でたどります。 つまり 0 なら前月の末日、-1 ならそのさらに前日になるということです。 その月の日数より大きい値は、翌月以降の該当する日を表します。

year

is_dst

常に GMT 日付を表すので、is_dst は結果に影響を及ぼしません。

返り値

Unix タイムスタンプを integer で返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.1.0 PHP 5.1.0 で、is_dst パラメータは廃止されました。 その代わりに、新しいタイムゾーン処理機能が使用されます。

例1 gmmktime() の基本的な例

<?php
// 出力: July 1, 2000 is on a Saturday
echo "July 1, 2000 is on a " date("l"gmmktime(000712000));
?>

参考


日付・時刻 関数
PHP Manual

レンタルサーバー