日付・時刻 関数
PHP Manual

gmdate

(PHP 4, PHP 5)

gmdateGMT/UTC の日付/時刻を書式化する

説明

string gmdate ( string $format [, int $timestamp = time() ] )

date() 関数と同じですが、返される時刻が グリニッジ標準時 (GMT) であるところが異なります。

パラメータ

format

出力される文字列の書式。date() 関数の書式オプションを参照ください。

timestamp

オプションのパラメータ timestamp は、 integer 型の Unix タイムスタンプです。 timestamp が指定されなかった場合のデフォルト値は、 現在の時刻です。言い換えると、デフォルトは time() の返り値となります。

返り値

日付を表す文字列を返します。 timestamp に数字以外が使用された場合は FALSE が返され、E_WARNING レベルのエラーが発生します。

変更履歴

バージョン 説明
5.1.0 有効なタイムスタンプの範囲は、通常 Fri, 13 Dec 1901 20:45:54 GMT から Tue, 19 Jan 2038 03:14:07 GMT までです (これらの日付は、32 ビット符号付き整数の最小および最大値に 対応します)。 しかし、PHP 5.1 より前のバージョンでは、システム環境によっては (例: Windows) この範囲が 1970 年 1 月 1 日から 2038 年 1 月 19 日 までに制限されます。
5.1.1 PHP 5.1.1 以降、format パラメータで標準的な 日付/時刻フォーマットを指定する際に有用な 定数がいくつか追加されました。

例1 gmdate() の例

フィンランド (GMT +0200) で実行した場合、一行目の出力は "Jan 01 1998 00:00:00"、二行目の出力は "Dec 31 1997 22:00:00" となります。

<?php
echo date("M d Y H:i:s"mktime(000111998));
echo 
gmdate("M d Y H:i:s"mktime(000111998));
?>

参考


日付・時刻 関数
PHP Manual

レンタルサーバー