PHP オプション/情報 関数
PHP Manual

getopt

(PHP 4 >= 4.3.0, PHP 5)

getoptコマンドライン引数のリストからオプションを取得する

説明

array getopt ( string $options [, array $longopts ] )

スクリプトに渡されたオプションをパースします。

パラメータ

options
この文字列の各文字をオプション文字として使用し、 スクリプトにハイフンひとつ (-) で始まるオプションとして渡された内容とマッチさせます。 たとえば、オプション文字列 "x"-x というオプションを認識します。 a-z、A-Z および 0-9 のみを認識します。
longopts
オプションの配列。 この配列の各要素をオプション文字列として使用し、 スクリプトにハイフンふたつ (--) で始まるオプションとして渡された内容とマッチさせます。 たとえば、longopts の要素 "opt"--opt というオプションを認識します。

options パラメータに含まれる要素には次のようなものがあります。

オプションの値は、文字列の後の最初の引数となります。 値の前に空白があるかどうかは関係ありません。

注意: オプションの値で、" " (空白) を区切り文字として使用することはできません。

注意:

optionslongopts の書式はほぼ同じです。唯一の違いは、 longopts はオプションの配列 (その各要素がオプションとなる) を受け取るけれども options は文字列 (その各文字がオプションとなる) を受け取るということです。

返り値

この関数はオプション/引数のペアを連想配列で返します。 失敗した場合は FALSE を返します。

注意:

オプション以外のものが見つかった時点でオプションのパースは終了し、 それ以降の内容は破棄されます。

変更履歴

バージョン 説明
5.3.0 "=" を引数/値の区切り文字として使用できるようになりました。
5.3.0 オプションの値 ("::" で指定します) に対応しました。
5.3.0 パラメータ longopts がすべてのプラットフォームで使えるようになりました。
5.3.0 この関数はシステムに依存しなくなり、今では Windows でも動作するようになりました。

例1 getopt() の例:基本編

<?php
// スクリプト example.php
$options getopt("f:hp:");
var_dump($options);
?>
shell> php example.php -fvalue -h

上の例の出力は以下となります。

array(2) {
  ["f"]=>
  string(5) "value"
  ["h"]=>
  bool(false)
}

例2 getopt() の例:長いオプション

<?php
// スクリプト example.php
$shortopts  "";
$shortopts .= "f:";  // 値が必須
$shortopts .= "v::"// 値がオプション
$shortopts .= "abc"// これらのオプションは値を受け取りません

$longopts  = array(
    
"required:",     // 値が必須
    
"optional::",    // 値がオプション
    
"option",        // 値なし
    
"opt",           // 値なし
);
$options getopt($shortopts$longopts);
var_dump($options);
?>
shell> php example.php -f "value for f" -v -a --required value --optional="optional value" --option

上の例の出力は以下となります。

array(6) {
  ["f"]=>
  string(11) "value for f"
  ["v"]=>
  bool(false)
  ["a"]=>
  bool(false)
  ["required"]=>
  string(5) "value"
  ["optional"]=>
  string(14) "optional value"
  ["option"]=>
  bool(false)
}

例3 getopt() の例:複数のオプションを一度に渡す

<?php
// スクリプト example.php
$options getopt("abc");
var_dump($options);
?>
shell> php example.php -aaac

上の例の出力は以下となります。

array(2) {
  ["a"]=>
  array(3) {
    [0]=>
    bool(false)
    [1]=>
    bool(false)
    [2]=>
    bool(false)
  }
  ["c"]=>
  bool(false)
}

参考


PHP オプション/情報 関数
PHP Manual

レンタルサーバー