URL 関数
PHP Manual

get_headers

(PHP 5)

get_headers HTTP リクエストに対するレスポンス内で サーバーによって送出された全てのヘッダを取得する

説明

array get_headers ( string $url [, int $format = 0 ] )

get_headers() は、HTTP リクエストに対するレスポンス内で サーバーによって送出されたヘッダの配列を返します。

パラメータ

url

対象となる URL。

format

オプションの format パラメータが ゼロ以外にセットされた場合、get_headers() はレスポンスをパースし、配列のキーをセットします。

返り値

数値添字配列あるいは連想配列でヘッダを返します。 失敗した場合は FALSE を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.1.3 この関数はデフォルトのストリームコンテキストを使用します。 これは、stream_context_set_default() 関数を使用して設定/変更することが可能です。

例1 get_headers() の例

<?php
$url 
'http://www.example.com';

print_r(get_headers($url));

print_r(get_headers($url1));
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Array
(
    [0] => HTTP/1.1 200 OK
    [1] => Date: Sat, 29 May 2004 12:28:13 GMT
    [2] => Server: Apache/1.3.27 (Unix)  (Red-Hat/Linux)
    [3] => Last-Modified: Wed, 08 Jan 2003 23:11:55 GMT
    [4] => ETag: "3f80f-1b6-3e1cb03b"
    [5] => Accept-Ranges: bytes
    [6] => Content-Length: 438
    [7] => Connection: close
    [8] => Content-Type: text/html
)

Array
(
    [0] => HTTP/1.1 200 OK
    [Date] => Sat, 29 May 2004 12:28:14 GMT
    [Server] => Apache/1.3.27 (Unix)  (Red-Hat/Linux)
    [Last-Modified] => Wed, 08 Jan 2003 23:11:55 GMT
    [ETag] => "3f80f-1b6-3e1cb03b"
    [Accept-Ranges] => bytes
    [Content-Length] => 438
    [Connection] => close
    [Content-Type] => text/html
)

例2 get_headers() で HEAD を使う例

<?php
// デフォルトでは、get_headers は GET リクエストを使ってヘッダを取得します。
// HEAD リクエストでヘッダを取得したい場合は、ストリームコンテキストを使います。
stream_context_set_default(
    array(
        
'http' => array(
            
'method' => 'HEAD'
        
)
    )
);
$headers get_headers('http://example.com');
?>

参考


URL 関数
PHP Manual

レンタルサーバー