クラス/オブジェクト関数
PHP Manual

get_class_vars

(PHP 4, PHP 5)

get_class_varsクラスのデフォルトプロパティを取得する

説明

array get_class_vars ( string $class_name )

指定したクラスのデフォルトプロパティを取得します。

パラメータ

class_name

クラス名。

返り値

宣言されているプロパティのうち、現在のスコープから見えるものとそのデフォルト値を連想配列で返します。 返される配列要素は、変数名 => 値 の形式となります。 エラーが発生した場合は FALSE を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.0.3 スコープに応じて、get_class_vars() は現在のスコープからアクセスできるプロパティのみを返すようになりました。
5.0.2 get_class_vars() をコールすると、 すべてのプロパティが配列として公開されるようになりました。 これまでは、protected や private なプロパティの先頭には nul バイトが付加されていました。
5.0.1 get_class_vars() をコールすると、 オブジェクトをクラスに変換するときのように すべてのプロパティを公開するようになりました。

例1 get_class_vars() の例

<?php

class myclass {

    var 
$var1// この変数にはデフォルト値がありません...
    
var $var2 "xyz";
    var 
$var3 100;
    private 
$var4// PHP 5

    // コンストラクタ
    
function myclass() {
        
// いくつかのプロパティを変更する
        
$this->var1 "foo";
        
$this->var2 "bar";
        return 
true;
    }

}

$my_class = new myclass();

$class_vars get_class_vars(get_class($my_class));

foreach (
$class_vars as $name => $value) {
    echo 
"$name : $value\n";
}

?>

上の例の出力は以下となります。

// PHP 4.2.0 未満
var2 : xyz
var3 : 100

// PHP 4.2.0 以降
var1 :
var2 : xyz
var3 : 100

例2 get_class_vars() でのスコープの挙動

<?php
function format($array)
{
    return 
implode('|'array_keys($array)) . "\r\n";
}

class 
TestCase
{
    public 
$a    1;
    protected 
$b 2;
    private 
$c   3;

    public static function 
expose()
    {
        echo 
format(get_class_vars(__CLASS__));
    }
}

TestCase::expose();
echo 
format(get_class_vars('TestCase'));
?>

上の例の出力は以下となります。

// 5.0.0
a| * b| TestCase c
a| * b| TestCase c

// 5.0.1 - 5.0.2
a|b|c
a|b|c

// 5.0.3 +
a|b|c
a

参考


クラス/オブジェクト関数
PHP Manual

レンタルサーバー