ファイルシステム 関数
PHP Manual

fwrite

(PHP 4, PHP 5, PHP 7)

fwriteバイナリセーフなファイル書き込み処理

説明

int fwrite ( resource $handle , string $string [, int $length ] )

fwrite()stringの内容を handleが指しているファイル・ストリームに書き込みます。

パラメータ

handle

fopen() を使用して作成したファイルシステムポインタリソース。

string

書き込む文字列。

length

lengthパラメータが与えられている場合、 lengthバイト数分の書き込みが完了したか、 stringが終わりに達したかのいずれか早い方の 事象により書き込みは中止されます。

length パラメータが指定されている場合、 magic_quotes_runtime 構成オプションは無視され、stringからの スラッシュ文字の取り除きは行われないことに注意してください。

返り値

fwrite() は、 書き込んだバイト数、またはエラー時に FALSE を返します。

注意

注意:

ネットワークストリームへの書き込みは、 すべての文字列を書き込み終える前に終了する可能性があります。 fwrite() の返り値を確かめるようにしましょう。

<?php
function fwrite_stream($fp$string) {
    for (
$written 0$written strlen($string); $written += $fwrite) {
        
$fwrite fwrite($fpsubstr($string$written));
        if (
$fwrite === false) {
            return 
$written;
        }
    }
    return 
$written;
}
?>

注意:

(Windowsのように)バイナリとテキストファイルの形式が異なるシステムにおいては、ファイルをオープンする際に fopen()の mode パラメータに 'b' を指定する必要があります。

注意:

fopen() を使用して追記モードでオープンした handle の場合、 fwrite() はアトミックになります (ただし、一部のプラットフォームにおいて string がファイルシステムのブロックサイズを超えない場合、 そしてローカルファイルシステム上のファイルである場合に限ります)。 アトミックであるとは、つまり fwrite() をコールする前にリソースを flock() する必要がないということです。データの書き込みが中断されることはありません。

注意:

同じファイルポインタに 2 回書き込みを行うと、 データはファイルの末尾に追記されます。

<?php
$fp 
fopen('data.txt''w');
fwrite($fp'1');
fwrite($fp'23');
fclose($fp);

// 'data.txt' の中身は 123 となります。23 ではありません!
?>

例1 簡単な fwrite() の例

<?php
$filename 
'test.txt';
$somecontent "Add this to the file\n";

// ファイルが存在しかつ書き込み可能かどうか確認します
if (is_writable($filename)) {

    
// この例では$filenameを追加モードでオープンします。
    // ファイルポインタはファイルの終端になりますので
    // そこがfwrite()で$somecontentが追加される位置になります。
    
if (!$handle fopen($filename'a')) {
         echo 
"Cannot open file ($filename)";
         exit;
    }

    
// オープンしたファイルに$somecontentを書き込みます
    
if (fwrite($handle$somecontent) === FALSE) {
        echo 
"Cannot write to file ($filename)";
        exit;
    }

    echo 
"Success, wrote ($somecontent) to file ($filename)";

    
fclose($handle);

} else {
    echo 
"The file $filename is not writable";
}
?>

参考


ファイルシステム 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー