FTP 関数
PHP Manual

ftp_nb_get

(PHP 4 >= 4.3.0, PHP 5, PHP 7)

ftp_nb_getFTP サーバーからファイルを取得し、ローカルファイルに書き込む(非ブロッキング)

説明

int ftp_nb_get ( resource $ftp_stream , string $local_file , string $remote_file [, int $mode = FTP_IMAGE [, int $resumepos = 0 ]] )

ftp_nb_get() は FTP サーバーからリモートファイルを取得し、 それをローカルファイルに保存します。

ftp_get() との違いは、この関数が 非同期処理でファイルを取得するということです。そのため、 ファイルをダウンロードしている最中に別の処理を行うことができます。

パラメータ

ftp_stream

FTP 接続のリンク ID 。

local_file

ローカルファイルのパス(ファイルがすでに存在する場合、上書きされます)。

remote_file

リモートファイルのパス。

mode

転送モード。FTP_ASCII または FTP_BINARY のどちらかを指定する必要があります。

resumepos

ダウンロードを開始する、リモートファイル内の位置。

返り値

FTP_FAILEDFTP_FINISHED あるいは FTP_MOREDATA を返します。

例1 ftp_nb_get() の例

<?php

// ダウンロードを開始する
$ret ftp_nb_get($my_connection"test""README"FTP_BINARY);
while (
$ret == FTP_MOREDATA) {
   
   
// 何かお好みの動作を
   
echo ".";

   
// ダウンロードを継続する…
   
$ret ftp_nb_continue($my_connection);
}
if (
$ret != FTP_FINISHED) {
   echo 
"There was an error downloading the file...";
   exit(
1);
}
?>

例2 ftp_nb_get() でダウンロードを再開する

<?php

// 開始
$ret ftp_nb_get($my_connection"test""README"FTP_BINARY
                      
filesize("test"));
// あるいは: $ret = ftp_nb_get($my_connection, "test", "README", 
//                             FTP_BINARY, FTP_AUTORESUME);
while ($ret == FTP_MOREDATA) {
   
   
// 何かお好みの動作を
   
echo ".";

   
// ダウンロードを継続する…
   
$ret ftp_nb_continue($my_connection);
}
if (
$ret != FTP_FINISHED) {
   echo 
"There was an error downloading the file...";
   exit(
1);
}
?>

例3 ftp_nb_get() を用い、ファイルの 100 バイト目以降から ダウンロードを再開する

<?php

// 自動シークを無効にする
ftp_set_option($my_connectionFTP_AUTOSEEKfalse);

// 開始
$ret ftp_nb_get($my_connection"newfile""README"FTP_BINARY100);
while (
$ret == FTP_MOREDATA) {

   
/* ... */
   
   // ダウンロードを継続する…
   
$ret ftp_nb_continue($my_connection);
}
?>

上の例では、newfile のサイズは FTP サーバー上の README より 100 バイト小さくなります。なぜなら ダウンロードの開始位置を 100 バイトずらしたからです。 もし FTP_AUTOSEEK を無効にしなければ、 newfile の最初の 100 バイトは '\0' で埋められます。

参考


FTP 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー